企業メセナの理論と実践 (文化とまちづくり叢書)

  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880652375

企業メセナの理論と実践 (文化とまちづくり叢書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 推薦者 共通講座 照井 日出喜 先生

    *図書館の所蔵状況はこちらから確認できます*
    http://opac.lib.kitami-it.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB50103462&initFlg=_RESULT_SET_NOTBIB

全1件中 1 - 1件を表示

企業メセナの理論と実践 (文化とまちづくり叢書)を本棚に登録しているひと

企業メセナの理論と実践 (文化とまちづくり叢書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

企業メセナの理論と実践 (文化とまちづくり叢書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

企業メセナの理論と実践 (文化とまちづくり叢書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

企業メセナの理論と実践 (文化とまちづくり叢書)を本棚に「積読」で登録しているひと

企業メセナの理論と実践 (文化とまちづくり叢書)の作品紹介

バブル経済崩壊後に見られた企業メセナブーム衰退の中、その必要性を認識していた企業はメセナを続け本質を探ってきた。
見た目の良い芸術活動支援から、広く社会全体と価値と目的を共有する企業メセナへの移行が見られ、あえて企業名を正面に出さずフィンランソロピーとしてメセナを行う企業や、地域志向の高まりなど、規模は縮小しつつも裾野の広がりと多様化が見られるようになっている。
 本書は、第一部で企業メセナと企業フィンランソロピーとの関係を明らかにし、なぜ企業がメセナをするのか、企業のメセナはどうあるべきか、などを経営学や哲学の視点から考察。第二部では現場において日々、考え、模索しながら活動してきた人々と、魅力ある地域づくりをめざす企業の個性豊かな実践例をそれぞれの視点で描く。

企業メセナの理論と実践 (文化とまちづくり叢書)はこんな本です

ツイートする