文化財の価値を評価する 景観・観光・まちづくり (文化とまちづくり叢書)

  • 21人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 垣内恵美子 
  • 水曜社 (2011年10月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880652696

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
田子 學(慶應義...
柴崎 友香
松村 真宏
東山 彰良
三浦 しをん
ベン・ホロウィッ...
有効な右矢印 無効な右矢印

文化財の価値を評価する 景観・観光・まちづくり (文化とまちづくり叢書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 視点は面白いのだけれど、分析結果は専門家でないと意味不明か?
    どうやって分析結果を実行していくかもう少し言及があればよかった。

  • 貸し出し状況等、詳細情報の確認は下記URLへ
    http://libsrv02.iamas.ac.jp/jhkweb_JPN/service/open_search_ex.asp?ISBN=9784880652696

全2件中 1 - 2件を表示

文化財の価値を評価する 景観・観光・まちづくり (文化とまちづくり叢書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

文化財の価値を評価する 景観・観光・まちづくり (文化とまちづくり叢書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

文化財の価値を評価する 景観・観光・まちづくり (文化とまちづくり叢書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

文化財の価値を評価する 景観・観光・まちづくり (文化とまちづくり叢書)の作品紹介

文化財とは、それぞれの時代に創造された新たな価値が長い時を経て社会的な認知を受け、地域や社会にとって貴重な資産となったものである。また文化財には、歴史的・文化的価値などの公益的側面があり、その価値を維持し高めていくために継続的に公的な支援が必要である。しかし限りある財源から文化財の価値を維持するためには、文化財が持つ便益の種類や受益者を特定し、維持、保存することによって得られる便益を推測しながら、適切で持続的な支援のシステムの構築が不可欠である。
そしてそのためには文化財の価値の評価手法が重要となる。

本書では第一の目的として、文化財の市場に現れない価値をはかるために、文化財保護の受益者とその便益の規模をできるだけ客観的に定量的に推定してゆく。
第二の目的として、地域作りと文化財保護の新たな関係性を焦点にあてる。町並み、歴史的建造物、伝統工芸品、舞台芸術など、多様な文化財を単に支援を受ける一方的なものととらえず、地域づくりに活用するための前提として人々が何を求めているのか実態に迫る。
第三の目的として、文化財のより持続的な保護のあり方と市場からの資源の調達の可能性について考察し、できれば制度論につなげてゆこうというものである。

本書は8年をかけ調査・検討を試み、事例研究をまとめたものであり、文化財保護に関わる実務者、研究者、自治体関係者必読の1冊です。

文化財の価値を評価する 景観・観光・まちづくり (文化とまちづくり叢書)はこんな本です

ツイートする