老後はひとり暮らしが幸せ

  • 58人登録
  • 3.17評価
    • (1)
    • (3)
    • (6)
    • (1)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 辻川覚志
  • 水曜社 (2013年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880653303

老後はひとり暮らしが幸せの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 現役時代から引退して老後へ。体力的にも衰えが出てくる中、老後をどのように暮らすのがよいのか、ちょっと考えてみませんか、という本です。

    タイトルは、著者らが行ったアンケート結果から、家族と同居している人よりも独居の人の方が満足度が高かったことによります。著者は大阪府門真市で耳鼻咽喉科を開業している医師で、著者の診療所を受診した人と、電話で健康に関する情報をやり取りした人を対象に、独居か同居か、年齢・性別・満足度・悩みの程度等の聞き取りを行いました。総計484人。ひとり暮らしの方が満足度が高い傾向には男女差はなく、年代的には90代未満で、また健康状態が悪いという人を除いて、一貫してこうした傾向があったとのことです。
    母数が十分なのか、特に細かく場合分けしたときに有意差があるのか、それ以前に満足度という主観的な尺度をざっくりとひとしなみに扱ってよいのか(数値にして意味があるのか)、というあたりは気になるところです。そのあたりは少し差し引きつつも、個人的に収穫だと思ったのは、さまざまな人の日々の暮らしに関する具体的な事例と、著者の医学的なアドバイスです。
    個々の人がどういったときにストレスを感じるか、つらいと思うのはどういう状況か、という事例から、ではどうしたら改善できるかなと考えてみたり、自分ならどうするかなと思ったり。
    事例を追っていく中で導き出されるアドバイスがいくつか挙げられています。炊事を自分で続けるとか、新聞を音読するとか、朝は一定の時間に起床して日光を浴びるようにするとか、仕事や趣味を可能な範囲で続けるといったあたりは、比較的実行しやすいですし、ひとりであろうと家族がいようと、実践してよいことだと言えるでしょう。

    老後、誰かと暮らすのか、ひとりで暮らすのか、それぞれの人のそれまでの生き方や家族関係によるわけで、実際に選択が可能なのか、その時になってみなければわからないところもあるかと思います。
    最終的には、ひとり暮らしであれ、同居で暮らすのであれ、自分でできることは自分でやり、誰かに寄りかかりすぎず、日々のリズムを作り、といったあたりがポイントになりそうです。当たり前のことではありますが、まぁ当たり前を貫くのが難しいということかもしれません。助けを借りつつも精神的には自立を目指すというところでしょうか。
    読み方によって、さまざまな世代の人に、老後の生き方について考えるヒントを提供してくれる本だと思います。

  • 見守りサービスとして、定期配達や、トイレが一定時間使われないと警備会社に連絡がいくシステムは参考になった。
    ほかに、死後、認知症になったときなどの保護者サービスも。

    何にしても、ボケ防止、気力、体力、筋力はつけとかないとな。

  • 上野千鶴子がおひとりさまシリーズを書く前に読んでおけばよかったと朝日新聞の記事で読んだ。
    アンケート調査の結果から家族と同居している人よりも独居の人の方が満足度が高かったことが分かったといっている。
    母数は484人、満足度をどのように図っているのかはわからないが、
    夫婦や、子供と同居しているより、一人暮らしのほうが気が楽だろうなというのは想像できる。
    三世代同居していても、一人であっても、死ぬときは一人なのだから、それまでどう生きるかってことで、これからボチボチ準備でもしますか。

  • 超リアル!
    納得!

  • 一人暮らしもしあわせだろうし、
    三世代で暮らしてもしあわせだろうし、
    人それぞれだと思いました。

  • 医師の著者が、アンケート調査をもとに老後の暮らしについて述べた本です。

    同居だと同居人に気兼ねするので一人暮らしのほうが幸福度が高い、同居なら人数が多いほうが幸福度が高い、老人ホームでは至れり尽くせりのサービスのため逆に生活力が退化する、など、なかなかイメージしにくい老後生活について考えるよい機会となりました。

  • 門真市の老後の生活満足度のアンケートに基づくひとり暮らし肯定の本。ひとりでの死の迎え方まで触れていて、自由に気ままに、最後まで。という副題に違わぬ内容。

全7件中 1 - 7件を表示

辻川覚志の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
内館 牧子
酒井 順子
又吉 直樹
朝井 リョウ
西 加奈子
湊 かなえ
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印

老後はひとり暮らしが幸せを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

老後はひとり暮らしが幸せを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

老後はひとり暮らしが幸せの作品紹介

子どもたちと“同居”? ホームへの“入居”?
それとも“ひとり暮らし”を始めますか?

穏やかな老後のためにはどのような暮らし方が最適でしょうか。そして十分な検討をした結果選んだのは本当に「最良の選択」なのでしょうか?
本書は高齢者支援活動や病院において、年齢、性別、満足度、悩み、現在の状況などを調査。分析の結果見えて
きたものは「ひとり暮らし」の高い満足度でした。
回答者・男女460名の声から見た、独居、 同居、ホームの長所と短所を紹介しながら、老後を幸せに暮らすための心構えと方法を考えます。

老後はひとり暮らしが幸せのKindle版

ツイートする