「竹内文書」の謎を解く―封印された超古代史

  • 40人登録
  • 3.33評価
    • (2)
    • (3)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 布施泰和
  • 成甲書房 (2003年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (346ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880861562

「竹内文書」の謎を解く―封印された超古代史の感想・レビュー・書評

  • 2015/01/28:読了
     竹内文書について、どういう本なのかよく理解できる本だった。
     315ページ、「七三世・武内宿禰との一問一答」にある次の箇所がすべて。以下引用。この箇所だけでも、この本を読んだ価値はあった。
    --------------------------
     竹内睦泰氏
     私がそうした正統竹内文書を公開しようと思ったのは、たとえ偽書であっても、偽書を悪と決めつける風潮は許せなかったからだ。偽史の中にも歴史推理のヒントは含まれている。『古事記』だって似たようなものではないか。

  •  勝ち組の古事記、日本書紀、その反対にある負け組の竹内文書。

     確かに偽物だととらえる向きもありかねないしかしすべてを偽物と吐き捨ててしまったとたん本当の歴史も止まってしまう気がしてならない。

     どちらが本物か、何が本物かそれは現代の考えで解決できるものではない未来志向と昔かたぎどちらもそれなりに大切なものであり融合して考えて初めて先の扉が開かれるのではないだろうか。

     この本の中で一つなるほどと思った点光を利用した光通信
    測量・測定技術

     気になった点作者は肝心な点が抜けている資料をなくすわ同行者の名前を忘れるわ本当にジャーナリストと呼べるのかその点でこの本の価値が下がりそうだ。

  • ふーん、飛騨の話ね…と思って手に取った。が、表紙が何とも怪し気で、手に取るのにちょっとかなり勇気がいった。

    確かに位山とか、巨石がゴロゴロ。飛騨在住故に、ああ、あそこの話ね、ってのがよくわかって 鳥肌モノ。ただ、個人的には巨石にはあんまり興味が持てず、これを読んだからといってわざわざ見に行くことは…。

  • こりゃもう、心の書。ここから全ては始まったと言っても良いくらい。

  • うっ、アヤシゲな表紙・・・
    これって竹内巨麿さんだよね・・

    「謎を解く」っていうタイトルは大げさだけれども、竹内文書について実地検証など多くされていて、勉強になりました。

    与那国島の海底遺跡のあたりに、古代に都があったと竹内文書の地図に書かれているというのは、面白いですねー。

    確かに、竹内文書の内容は眉唾。でもそれが全部作り話かというと、そうじゃないだろうとは思います。

全5件中 1 - 5件を表示

布施泰和の作品一覧

布施泰和の作品ランキング・新刊情報

「竹内文書」の謎を解く―封印された超古代史を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「竹内文書」の謎を解く―封印された超古代史を本棚に「積読」で登録しているひと

「竹内文書」の謎を解く―封印された超古代史はこんな本です

ツイートする