プロパガンダ教本

  • 95人登録
  • 3.46評価
    • (5)
    • (11)
    • (15)
    • (3)
    • (1)
  • 14レビュー
制作 : 中田 安彦 
  • 成甲書房 (2007年7月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880862170

プロパガンダ教本の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1910年代に出された広告の父と呼ばれた人の本を現代に合わせて訳したもの。ラジオ、新聞媒体がこれから・・・という記述や世相はあるけど、ほとんど今に通じる話。売りたいものを直接売り込むのではなく、それが必要な”状況”を作り出す、ということ。世論、流れを作るというか。

  • PR(パブリック・リレーションズ)の父と言われるエドワード・バーネイズによる著書。

    続きはこちらで。
    http://gappacker.com/2013/05/11/propaganda_textbook/

  • ついにエドワードバーネーズ。これが本当に1928年に書かれた本だとは信じられない。最近の著作な感じがするほど、PRに関して勉強になることは多い。特に広告=個人が対象・PR=群衆が対象で、PRは社会心理学に基づいていると。自分の勉強してきた行動経済学のあたりの話とも絡んできてて面白かった。本当に、社会心理の研究が示しているのは、群衆になると人間は群衆心理にとらわれるし、それは群衆の本能のような勢いでその集団内の個人の決定を左右する。そこを利用するのがPR(本書ではプロパガンダ)だと。
    解説にも書いてあったけど、ユダヤ人である彼が書いたこの本が、ユダヤ人の虐殺に手を貸してしまった可能性があるというのは何とも皮肉な話。やはり、授業でも社長が言っていたけど、PRもプロパガンダも手法はあまり変わらないんだなと。今はどちらかというとマイナスイメージは全部プロパガンダの方になすりつけている感じがするけど、PRも人を殺すこともできれば、おいしい料理を作って人を喜ばせることができるナイフのような存在。結局はどう使うかの判断をする倫理観が大事だということね。ここまでの感想で、何ひとつ新しいことは言っていない。つまり、kの本を読んで授業内容がしっくり身に染みたということ。

    ここではPR=プロパガンダというように書いていてる。教科書の言葉を借りれば、やはり情報量が対称的な双方向性コミュニケーションというよりは、ある目的の為に世論を作り出す、というような情報の上での非対称なコミュニケーションの見方をしている感じが強いってかんじかな。なんか、それが鼻につく感じもする。

    結局自分の判断は自分が作ってる感じがしなかった最近の感覚は正解だということかも。誰かによって何となく、もしくは意図的に作り出されているものなのかもしれない。じゃあ、人間のオリジナリティーなんてどこにあるんだろ?遺伝子の組み合わせくらいしかないのかな?不思議遊戯。

  • 80年前の本とは思えない内容。どうみても今の日本で同じことがおそらく意図的に行われているのはたしかだという実感がする。
    プロパガンダが宣伝広報というとおり、明らかに日本でも政治それも小泉政権のころにはっきりと意識して使われたんではないかと、いまさらながら考える。
    おそらく、今後も同様の手法がとられるのであろう。それを意識するかどうかで、こちら側の態度が変わるはず。

  • 現代広告業界の父、エドワード・バーネイズが1928年に発表した「プロパガンダをプロパガンダするため」の本。2011年の今では、ここに書かれた80年以上前の主張が「色あせてない」といえば嘘になる。が、とにかく企業活動でも政治活動でも教育でも芸術でも、人を動かすための状況を作り出すあらゆる出来事にはプロパガンダの要素が含まれていることは現代になっても少しも変わってはいない。
    エコ・ダイエット・テレビ・ネット・放射能…大衆はどうしてもある一つの方向に引っ張られてしまう。「この世からプロパガンダが消えることはない」というバーネイズの言葉には思わずうなずいてしまう。
    人を動かすための「状況」を作り出すためには物事を対局的に見る「Big Think」が必要だという。You Tubeやツイッターなど、これまで単なる「大衆」に過ぎなかった人々が情報力を持てるようになったと言われる今、少しくらい色あせていても本書をひもとく価値はあるのではないだろうか。「本当のこと」からはぐれてしまわないために。

  • 今日中に読み終わりたい。
    ゼミのために読んでる
    +++++
    世の中が信じられなくなりつつ、希望をもたせようとさせられるかんじ。わたしたちは空気を信じやすく騙されやすい。だけど幸せなこともあるわよね。
    なんだろう。読み終わって最初に思ったことは、「わたしは情報が好きだ」だったと思う。

  • これはおもしろかった。古いけど全然今でも通用する考え方

  • バーネイズのプロパガンダ手法の八原則
    1. 目的を明確化せよ
    2. 徹底的に調査を行え
    3 調査で得られた結果に基づいて目標に修正を加えよ
    4. 戦略を立案せよ
    5. テーマ、シンボル、宣伝文句(キャッチフレーズ)を決めよ
    6. その戦略を実行するための(第三者による)組織を立ち上げよ
    7. タイミングと具体的なやり方を考えよ
    8. プランを実行に移せ

  • 古くさいながらも、なるほどと思える。

  • SNSIが訳していると知って内容に不安を覚えたが、訳はかなりわかりやすいものだった。<br />ただし、そこまで得る内容ではなかった

全14件中 1 - 10件を表示

エドワード・バーネイズの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
チップ・ハース
デール カーネギ...
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

プロパガンダ教本を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

プロパガンダ教本を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

プロパガンダ教本の作品紹介

マスメディアの世論操作を見抜くためには、「大衆の世論」を操作する側の手法を知らなければならない。プロパガンダからは私たちは逃れることができない。だからこそプロパガンダを見破る目を持ち、対抗しなければならない。本書を読み終えたあと、皆さんはきっと、「ああ、またダマされた!」とはもう言わなくなるだろう。

ツイートする