20世紀のファウスト上巻 黒い貴族がつくる欺瞞の歴史

  • 30人登録
  • 5.00評価
    • (4)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 鬼塚英昭
  • 成甲書房 (2010年3月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (704ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880862606

20世紀のファウスト上巻 黒い貴族がつくる欺瞞の歴史の感想・レビュー・書評

  • 国際ユダヤ資本が支配する。シオン議定書を真書とする。反メイソンの立場。メイソンにとってはバツ悪い、

  • この書籍は広瀬隆氏を意識した赤い楯への対抗としてかかれた感じがします。文章の中には赤い楯との引用や対比が明確に書かれております。どちら真実とより、これまでの知識を集めたその努力と内容は驚き以外はありません。くらだらない歴史物を読むより、これを読んで世界の歴史を再考してください。

全2件中 1 - 2件を表示

20世紀のファウスト上巻 黒い貴族がつくる欺瞞の歴史の作品紹介

「20世紀のファウスト」とは、アヴェレル・ハリマンという一人のアメリカ人に、私がつけたニックネームである。彼は世界を実質的に支配する闇の支配者たちの一員であった。彼ら闇の支配者たちを、私は「世界権力(ザ・オーダー)」と名づけた。私はこの政治家、外交官、そして財閥のオーナーの人生を追跡していく過程で、どうして彼が忘れ去られた人物なのかを知るようになったのである。私たちの歴史は巧妙に隠されている。アヴェレル・ハリマンことファウストは、人生の大半をこの闇の支配者たちのために行動する。この本は「20世紀のファウスト」の誕生の時から死までの物語である。

20世紀のファウスト上巻 黒い貴族がつくる欺瞞の歴史はこんな本です

ツイートする