気象兵器・地震兵器・HAARP・ケムトレイル

  • 41人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (1)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : ベンジャミン・フルフォード  ベンジャミン・フルフォード 
  • 成甲書房 (2010年12月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880862712

気象兵器・地震兵器・HAARP・ケムトレイルの感想・レビュー・書評

  • スミス氏
    本出版後に突然死?!

  •  何やらタイトルや表紙からして怪しい本ですが、どのように人工的に地震を起こしていると論じているのか気になり購入。その点ではいい買い物をしたと思っています。筆者は文系畑の人間ですが、過去の事実を持ち出したり多くの論文を引用しており、それなりに納得できるつくりになっています。
     この本に言わせれば、先日の地震も台風も某国の陰謀ということになるのでしょうか。どこぞの議員のように振り回されなければ、面白い読み物だと思います。

  • 何とも。。。理論上いろいろと推論が成り立つことはわかった。そこに現実性がどこまでこれから加わるか。。。USのパテントって結構適当に書いて通っちゃうからな。

  • 阪神大震災も、ハリケーン・カトリーナもやはり軍事攻撃だったのか!?

    最先端の軍事技術は、大国の指導者たちに、秘密戦争を遂行するためのさまざまな手段を提供している。気象調節の技術を用いて、敵側に長期の旱魃や嵐を発生させる方法もとれる。そうすれば、敵側の国力が弱まり、自国の要求をのませることができるからだ。
    気象兵器も人工地震兵器も今や空想の産物ではない。それは既に存在し、確かに実用段階に至っているのだ。

全4件中 1 - 4件を表示

気象兵器・地震兵器・HAARP・ケムトレイルの作品紹介

阪神大震災もハリケーン・カトリーナもやはり軍事攻撃だったのか!?

気象兵器・地震兵器・HAARP・ケムトレイルはこんな本です

ツイートする