【定本】シオンの議定書

  • 18人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 天童 竺丸  天童 竺丸 
  • 成甲書房 (2012年2月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880862873

【定本】シオンの議定書の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ユダヤ人の陰謀のプロトコルということだが、基本的にはバカバカしい。ユダヤ教徒がこのようなことを考えていてなどとは思わない。が、中華思想をベースにした一党独裁勢力や宗教を背景にした政治勢力など利己的な覇権主義者たちの哲学書だと思えばこれは非常になにかを言い当てているように思う。バカバカしいと笑殺してもいいが、このマインドは悪意あるロビー活動に通底しているとも思うし、これが西洋で広まったという恐ろしさ。ホロコーストの下地にもなっているだろう。このような陰謀論がどのように生まれ実質的な効力を持つかなどを考えるのに丁度いい本だと思う。世の中には陰謀論を払拭できない人は大勢いる。ノストラダムスの大予言を不安に思っていた人は少なくない。正しく世の中を見つめる意味でも、こういう言説の成り立ちや影響力を考えることは悪くないことだと思う。

  • ユダヤ人にいわせるとソ連情報機関の捏造文書という。

全3件中 1 - 3件を表示

【定本】シオンの議定書はこんな本です

【定本】シオンの議定書を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

【定本】シオンの議定書を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

【定本】シオンの議定書を本棚に「積読」で登録しているひと

【定本】シオンの議定書の作品紹介

国家財政の破綻、通貨危機、資源戦争-偽書と罵られようが何であろうが、21世紀の歴史は、この書の通りに進行している。

ツイートする