ニコラ・テスラ 秘密の告白 世界システム=私の履歴書 フリーエネルギー=真空中の宇宙

  • 103人登録
  • 3.59評価
    • (5)
    • (4)
    • (4)
    • (4)
    • (0)
  • 9レビュー
制作 : 宮本 寿代 
  • 成甲書房 (2013年1月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880862972

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
佐々木 圭一
トレヴァー・ノー...
冲方 丁
三島 由紀夫
エリック・リース
有効な右矢印 無効な右矢印

ニコラ・テスラ 秘密の告白 世界システム=私の履歴書 フリーエネルギー=真空中の宇宙の感想・レビュー・書評

  • 本書は科学者ニコラ・テスラがおよそ100年ほど前に出版した2冊の本をまとめた邦訳である。ニコラ・テスラの生の言葉を読みたい人は是非本書を読むと良いだろう。

    グーグルのラリー・ペイジやスペースXのイーロン・マスクが影響を受けた人物ということで初めてテスラの名前を知ったのだが、大学で電気などを専攻していた人にとっては有名な人なのだろうか?交流電流の発電機を発明し、今日の電力供給にも貢献した人物のようだ。自分のような門外漢には、テスラの科学に対する功績は理解できないが、とにかくエジソンと並ぶほどの優秀な発明家であり科学者だったそうだ。

    何故この人物が最近になって多く取り上げられるようになってきたのか分からなかったのだが、この本を読み終えて理解できた。彼はほぼ100年前の人物でありながら、今日の現状を恐ろしいほどの精度で予測していたのである。

    これから起こる大規模な戦争、食糧危機、エネルギー問題などを予測し、その解決のための革新的な構想も提唱している。最近何かと話題の人工知能の出現も予測している。その中にはまだ実現されていない技術もあるが、本書を読んでいて彼がとても100年前の人間とは思えなかった。現代の人間が書いたと言っても全く違和感が無い。おそらく、こうした彼の先見の明が今になって再評価されてきている理由なのだろう。

    惜しむらくは、内容が専門的過ぎることに加えて、彼の革新的な主張の前提となる実験結果や着想に至る論理的な説明が端折られ過ぎていることだろう。読んでいて、時折著者が超常現象の信奉者か新興カルト宗教の信者に思えてくる。100年後ですらそうなのだから、当時はもっと蔑みの目で見られていたことは想像できる。もっとも、私達の思考レベルが低いだけで、テスラ自身は十分な説明をしているつもりなのだろうが・・・。

    ただ、テスラの数々の構想はとても面白い。「自由な発想ができる人」というのは彼のような人を指すのだろう。テスラを知らない人は是非本書を読んでみて欲しい。

  • ニコラ・テスラは、交流発電の発明をした技術者としては有名であるが、その人物像は謎につつまれている。数少ない自筆の回顧録の一つである。
    内容を読むと確かに異彩を放っている。

  • 起きている時間、常に考えていた。
    インスピレーションの現れ方が、映像が心に浮かぶ癖に成っていた。仏教の天台理観中、色受想行識の人体機能中。
    想の部分で視覚映像を生来の癖と自己コントロール努力した。
     
     自身の電気機会等発明品の着想・開発・試作・改善・完成まで、脳内の視覚映像を意志により浮かべ(想)、それから実機製作をはじめた。現代の電気機械製作PCシミュレーションを個人脳内映像で行っていた。模型も図面も実験も行わず、自身の脳内想い浮かべ映像を用いた。

     記憶の仕方に、音読意読と、まとめ記述めも画像暗記等と何種類かあるが、画像を暗記だけでなく、言葉から連想の画像が浮かぶ生来の癖があったらしい。
    現在の水力発電交流送電・無人機・等
     テスラ変圧器・拡大送信機・テスラ送信機・個別化技術・地球定常波等応用の世界システム。
    原子力エネルギーは人類を不幸にする・・

  • 不思議系の天才扱いされているニコラ・テスラ、本人の回想録。150年くらい前の科学者がどういう思想を持ち、どんな生活をしていたかを知るだけでも興味深い。

  • ニコラ•テスラの自伝。大変興味深い内容。

    「現在、何より望まれるのは、地球上の個人や共同体がもっと触れ合い、よく理解し、それに国家のエゴイズムや自尊心のせいで高慢な理想に傾倒して狂信的な行動に走ってしまうのを防ぐことだ。」

  • 2014/04/23:読了
     正直、ピントこないところもあった。
     あとで、もう一度読んでみる必要がありそう。

  • 交流モーターを発明したニコラ・テスラの自伝?
    いっちゃってます。まともなことも書いてあるんでしょうが理解できません。
    お勧めできないと言っておきましょう。

  • テスラって、科学者なんだけど、哲学みたいだし、オカルトみたいだし、マンガみたいだし、SFみたいだし。

    読んでて、すごく面白かった。

  • クリストファー・プリーストの「奇術師」を読んでから気になってます・・・

    成甲書房のPR
    「フリーエネルギー、スカラー電磁波、人工地震、歴史の闇に葬られた異才ニコラ・テスラ、回顧録に隠された超天才の頭の中

    いまこそ耳を傾けるべき、超天才発明家の未来予測! ―「人類は恐るべき問題に直面している。その問題は、物質的にいくら豊かになっても解決しない。原子のエネルギーを解放したとしても恩恵などない。人類にとってはむしろ不幸になりかねない。不和や混乱が必ずもたらされ、その結果として最後に行きつくのは、権力による憎むべき支配体制なのだ」 」

全9件中 1 - 9件を表示

ニコラ・テスラ 秘密の告白 世界システム=私の履歴書 フリーエネルギー=真空中の宇宙に関連する談話室の質問

ニコラ・テスラ 秘密の告白 世界システム=私の履歴書 フリーエネルギー=真空中の宇宙を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ニコラ・テスラ 秘密の告白 世界システム=私の履歴書 フリーエネルギー=真空中の宇宙を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ニコラ・テスラ 秘密の告白 世界システム=私の履歴書 フリーエネルギー=真空中の宇宙を本棚に「積読」で登録しているひと

ニコラ・テスラ 秘密の告白 世界システム=私の履歴書 フリーエネルギー=真空中の宇宙の作品紹介

フリーエネルギー、スカラー電磁波、人工地震、歴史の闇に葬られた異才、回顧録に隠された、超天才の頭の中。

ニコラ・テスラ 秘密の告白 世界システム=私の履歴書 フリーエネルギー=真空中の宇宙はこんな本です

ツイートする