理研の闇、日本の闇[上巻]科学者の楽園と大日本帝国

  • 18人登録
  • 5.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 鬼塚英昭
  • 成甲書房 (2015年9月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784880863313

理研の闇、日本の闇[上巻]科学者の楽園と大日本帝国の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

理研の闇、日本の闇[上巻]科学者の楽園と大日本帝国の作品紹介

科学の聖域・理化学研究所の知られざる内幕、すべてを暴く!
日本の科学を掠奪した男がここにいる!

闇とは、見えない所、隠蔽された所、光のさしこまない所、の意味がある。私は全く何も知らないところから理研を学んできた。そしてあるとき、理研には闇の部分が多すぎると思ったのである。その闇の部分が拡大し、日本という国家の闇の部分の中に溶け込んでいると思ったのである。読者はこの本を読み進むうちに「理研の闇、日本の闇」の世界に迷い込むことになろう。

初めて暴き出される理研の裏面史!

[上巻目次]
[第1章]いかにして理化学研究所は設立されたか
[第2章]渋沢栄一、理研設立に奔走する
[第3章]大河内正敏、理研を掠奪する
[第4章]共産主義者・大河内信威の青春物語
[第5章]鈴木梅太郎と長岡半太郎
[第6章]農業工業論と創造された科学宗
[第7章]「日本経済殲滅計画」を知らなかった日本人
[第8章]なぜ理研コンツェルンは経営危機に陥ったのか
[第9章]アメリカの対日政策に無知だった日本
[第10章]理研製航空魚雷、真珠湾攻撃を成功に導く
[第11章]真珠湾攻撃は八百長だったのか

ツイートする