7日間でマスターするレイアウト基礎講座 (DESIGN BEGINNER SERIES)

  • 547人登録
  • 3.68評価
    • (31)
    • (48)
    • (53)
    • (4)
    • (5)
  • 33レビュー
著者 : 内田広由紀
  • 視覚デザイン研究所 (1998年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (142ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784881081433

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリヤフ・ゴール...
益子 貴寛
J・モーティマー...
マーク・ピーター...
有効な右矢印 無効な右矢印

7日間でマスターするレイアウト基礎講座 (DESIGN BEGINNER SERIES)の感想・レビュー・書評

  • 1998年発刊、つまり18年前の古い本なので、ワープロや手書きなどデザインやサンプルにはかなりみっともないものが多いのだけど、構図の考え方などはいまでもまったく問題なく通用する。とはいえ、やはりちょっとこれは、というサンプルが多すぎるので現代的な改訂版が読みたい。

  • レイアウトのことがものすごく分かりやすくまとめられていて、章末にあるクイズもよい。かなりな良本

  • 実例と改作で分かりやすくレイアウトの基本を学習できる。この本作るの大変だろうなと思いました。

  • 基本的なデザインお作法が言語化・視覚化されている。とても分かりやすい。

  • 様式 → 造形

    <様式8つ>
    視覚度=視覚的な印象の強さ
    図版率=全体の中で絵図が占める面積
    ジャンプ率=文字(絵図)の大きさの差
    版面率=余白の少なさ
    グリッド拘束率=縦横のマス(グリッド)に沿っているかどうか
    構成の3原型(左右揃え、中央揃え、自然)

    <造形8つ>
    主役を明示、準主役は離す、グループ化、あいまいは不安、流れを整理、
    余白は主役の領地、四隅を押さえる、版面線を利用する

    ・元気なイメージ
     図版率【高】、ジャンプ率【高】、版面率【高】、
    ・自由なイメージ
     グリッド拘束率【低】
    ・格調高い、上品
     版面率【低】、中央揃え、ジャンプ率【低】
    ・信頼感
     左右揃え、グループ化

  • デザインに興味を持って調べて出会った本。様式の8要素、造形の8原則、レイアウトを見る目が変わった。特に余白の効果に驚いた。
    ここまで読んだからにはレイアウト素人とは言わせない。って書いてあるのに驚き。でもなかなか実践は難しそう。。。
    黄金比 1:1.618も記録しておきたい。

  • 自分は作り手ではないが、ものを見る新たな視点が増えてうれしいと思う。

  • レイアウトの基礎を学び、そして基礎に立ち返るのにとても最適な一冊。
    ごちそうさまでした。

  • 昨今の『デザインの実践講座』みたいな本を読んでも、
    仮想事例ばかりで、ビミョーにダサい例しかなかったりして、
    あんまり役に立たなかったけど、これに関しては非常に実践的。

    この本は以下の3点がポイント。
     ・実例を使っていること
     ・実例が、近所の手書きのチラシや部活のポスターのレベルから、
      化粧品会社の広告まで幅広いこと
     ・実例のレイアウトを変更して、比較ができる事例になっていること

    特に3つ目の実在事例の改造例などはなかなか見ることができない。
    完成されたプロのレイアウトをちょっといじると、
    やはりうまくいかなかったりするというのが良くわかる。

  • 皆さんおなじみの「レイアウト基礎講座」。
    私も読んでおります。

    図版がほとんどで、わかりやすすぎて怖いです。
    オススメです。

  • 参考になります!なぜこのデザインなのか?を説明してくれています。
    普段、何も考えずに見ているポスター、雑誌、新聞、漫画、写真や文字等の目に入る制作物が違って見えます。

  • 7日間でってかいてあるけど、気合をだせば一日で読める。それなりに疲れるが。基本的には理論的にかいてあるのだけど、結局バランス感覚が重要な印象を与える内容が多い。

    すぐに役立つかというと難しいかもしれない。上手く消化してモノにする必要がありそう。

  • ・様式
    ・視覚度
    ・絵的要素の印象度
    ・親しみやすくなる
    ・イラスト>風景写真>文字
    ・訴求度
    ・買い手の欲求にはたらきかける
    ・顔>それ以外は個人の志向による
    ・図版率
    ・文章に対しての図の占めている割合
    ・割合が高いと読みやすくなる
    ・図版率が90%を超えると一転して好感度が下がる。
    ・文字が少しだけあると、かえって図が生きる

  • どんなデザインが良い・悪いがとりあえず分かる。このあとにデザインルールズを読んだ。

  • なんとなく分かってたことが言語化、例示されておりためになった。当然基本しかかいてないけれども。

  • 視覚度、図版率など聞きなれない言葉はあるものの、わかりやすく丁寧に解説されている。

    図や写真が多数掲載されているので、読みやすい。
    また、ビフォーアフターで2点の写真を掲載されているので、それぞれの要素の効果がわかりやすくなっている。

    レイアウトの基礎なのでしっかり身につける。

  • 分かりやすい。
    モノクロ紙面で、母ちゃんが作ったみたいな手書きチラシの改作とかで、かえってはっきりと工夫の効果が分かる。
    「ビジュアルコミュニケーションのメカニズムをここまでシンプルに語り切った」と編集後記にあってやっとこ私が知りたかったのはメカニズムだ!と分かった気がする。

  • やべ、、途中で読むの中断したままだった!!

  • レイアウト入門書。写真入りでわかりやすい。
    段落終りには復習問題があり。

  • 当方、この手の技術に関しては全くの初学であるが、「基礎講座」と銘打っているだけあって、とても理解しやすい内容だった。特に、実際の例を並べるだけでなく、その例を改悪して比較説明する流れが理解に役立った。
    本書で扱う例は雑誌やポスター等のレイアウトが多いが、本書で学ぶ考え方はプレゼンテーションのスライドや展示ブースの設営にも応用できるとおもう。

  • 白黒であるのも、かえってわかりやすく、よい。
    とてもわかりやすい教科書のような本。

  • ■概要
    配色基礎講座と同シリーズ。
    センスで決まるように思っていたデザインとかレイアウトにも、配色と同様決まった型や方法論がある。

    画像とテキストの配置、テキストの置き方(フォント、サイズ、文字間隔等)によって生じるイメージの差等。
    掲載されている事例が、配色よりもやや難解(特に後半)だが、言われてみれば納得がいく。

    ■仕事に活かせる点
    もともと大雑把で感覚に頼りがちな性質なので、「そんな工夫がされていたとは…」と、世の中のデザイナーさんに脱帽。
    しかし、素人でも、要点を押さえておけば「何となく」格好の良い/感じの良い/頭の良さそうな紙が書ける、と言えそうです。
    あと、「要点を押さえた例」として、パワポのテンプレートに慣れ親しむのも有効そう。
    (さわ)

  • これからデザイナーを目指す人には純粋な入門書として。「今さら基礎なんて〜」と思っているプロの人も、改めて「デザインの仕組み」を知る上ではとってもためになる本です。モノクロだし、例として載っている作品がちょっと古いんですけどね。

全33件中 1 - 25件を表示

7日間でマスターするレイアウト基礎講座 (DESIGN BEGINNER SERIES)に関連するまとめ

内田広由紀の作品一覧

内田広由紀の作品ランキング・新刊情報

7日間でマスターするレイアウト基礎講座 (DESIGN BEGINNER SERIES)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

7日間でマスターするレイアウト基礎講座 (DESIGN BEGINNER SERIES)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

7日間でマスターするレイアウト基礎講座 (DESIGN BEGINNER SERIES)を本棚に「積読」で登録しているひと

7日間でマスターするレイアウト基礎講座 (DESIGN BEGINNER SERIES)の作品紹介

デザインとかレイアウトという仕事は、特別な訓練を受けた、特に感性の鋭い人しかタッチできない仕事と思われがちだ。しかし本書を読めば、それは錯覚だった、ということがわかる。ごく基本的なことを理解すれば、実は身近で使いやすい技術であることがわかる。謎に包まれていたレイアウトを、一気に身近な技法にしよう。本書では第1日目から第4日目までで「様式」がどのように決まるかを解説した。次に第5、6日目は、絶対にマスターしたい造形の原則を図説し、第7日目は、次のステップへのヒントを紹介している。

7日間でマスターするレイアウト基礎講座 (DESIGN BEGINNER SERIES)はこんな本です

ツイートする