7日間でマスターする配色基礎講座 (DESIGN BEGINNER SERIES)

  • 414人登録
  • 3.48評価
    • (16)
    • (23)
    • (53)
    • (2)
    • (3)
  • 24レビュー
著者 : 内田広由紀
  • 視覚デザイン研究所 (2000年4月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (142ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784881081532

7日間でマスターする配色基礎講座 (DESIGN BEGINNER SERIES)の感想・レビュー・書評

  • 色の温度感とか、若い配色落ち着いた配色など実例を見られるのはよかった。ただ後半似たような説明でダレてくるのと、例示されている写真が正解のもの以外かなり無茶な補正をかけているせいで不公平な比較となってしまっていた点が残念。

  • 初版が2000年で参考資料が古臭く少し萎えたが内容的には問題なく読み進められた。

    色のトーンを構成する3要素(明度、彩度、色相)についてわかりやすく書かれていた。

    また色の面積、配色による効果も論理的に説明されていて参考になった。
    配色に対する良し悪しのベースとなる基準が少しできた気がする。もう少し配色に関する本は読む。

    「日本庭園のつくり方が料理の盛り付けにも生きている」
    「美味しそうに見える料理はトッピングや、備え付けなどの食材、盛りつける食器などの色彩が響き合う」
    という話があって、グラフィックデザイン以外のものを見る目も変わる気がした。

  • 本当に7日でマスターできるわけありませんが(笑)、わかりやすさではピカイチの良書です。例題がわかりやすく、「なるほど」「たしかに」と頷きながら進めることができます。ファッションセンスがない、色使いが下手と悩んでいる人におすすめです。

  • 仕事での必要性から読了。配色はセンスではなく、「型」。感覚として自身に染み込ませんといかんなー。

  • 最近、大学イベントのポスター制作をすることが増えて来たので、
    1年くらい前に買った配色の入門書を読み返してみた。

    この本を買ったそもそもの理由は、もっと色を意識して写真を撮れるようになりたかったから。
    写真もそうだけれど、良い作品って生まれつきのセンスだけで出来るものじゃないと思う。

    「なぜこの構図なのか(なぜ別の構図にしないのか)」
    「なぜこの配色なのか(なぜ別の色を使わないのか)」

    制作過程で出るこういった疑問に「なんとなく」ではなくて、
    論理的に説明できてこそ、胸を張って自分のした「仕事」だと言えるのではないか。

    何においてもド素人の自分が言うのもおこがましいかもしれないが、
    あらゆるクリエイティブな作品(小説、音楽など、あるいは研究も?)は

    「99%の論理と1%のひらめきから成り立っている」

    と言うことができるんじゃないかと思う(誰かが言っていた言葉かもしれないが、思い出せない)。

    「論理」は「哲学」とか「経験」などと言い換えられるかもしれない。
    ともかく、先行する人々が蓄積した技術・成果や、自身の経験から得た法則や体系、方法論など
    言語化・可視化できるものが99%にあたるのだと思う。
    そこを極めるのがまず第一。

    そして残り1%は、言葉にできない、おどろおどろしい、情念というか妄執というか、
    得体の知れない何か……そのナニカによるひらめきが、やっぱり、必要なんじゃないか。


    大げさに書いてしまったけれど、僕にゃまだナニも分りません。

  • パラパラと読みやすい。覚えることは多い。レイアウトより理論的な印象を受ける。7日間でマスターするらしいけど、リファレンス的にも使えそうなかんじ。

  • 短い期間で配色の基本を押さえれる。今まで何気なく選んでいた色というものをいくつかの法則やパターンで選べるようになる。

  • 全般に共通する配色の基礎をつかめた。色相、明度、彩度、トーン、イメージ等をつかめた。様々なシーン別でのハイショク方法や配色のもつ意味、役割への理解も深まった。

  • 1日1、2時間で、3.4日くらいで読み終えれます。
    配色系の本では色相環やら補色とかの理屈が多く実例が少ないので分かりにくい中、この本は実際の事例+簡単な演習+説明(理屈)で分かり易かったです。表紙は微妙ですが、良本です。

  • あんまりこれで身につかなかったんだよなぁ。

  • やっぱ色なんだわ~というのが、とてもよくわかる本。色さえ間違わなければ、だいたいOKなんだと。安心したのと同時に、「ここしっかり抑えとこう!」と気持ちが引き締まった感あり。いろいろクリエティブを作ってきたけど、何かしっくり来ない。そんなときは色がハマっていない可能性大。色で悩んでいた人にオススメ。

  • 内容は“色”についての基本的な知識がまとめられていて、
    初めて勉強する人でもわかりやすい☆
    これからも参考書として使用したいと思う♪
    ただ、各レッスンごとに練習問題があるが、答えを見なくても
    答えがわかるような状態になってしまっていたので、
    制作部分でもう少し丁寧に作って欲しかった。

  • この手のトピックには全くの初学であったが、本書に一通り目を通して、いくぶんかセンスが磨かれたような気がする。少なくとも配色を考えるときの初歩的な道筋が得られたと思う。
    本書の特徴は、配色の効果を説明するときに、全く同じ題材で部分的に配色を変えた挿絵があることだ。この挿絵で異なる配色を比較することで、配色の効果を直感的に理解することができた。
    また、色の特徴を色相環とトーンのみで説明するシンプルさも理解を促すのに効果的だったと思う。そのシンプルさ故に、本書は自分の成果物に対する最終チェックリストにもなるような気がする。

  • はせ氏推薦の本。スライドの色使いの参考に読みました。
    ■概要
    印象に残る配色には、必ず原理の裏づけがある。配色に欠かせない基礎知識を色相環図とトーン図で表し、
    実例に沿って配色の効果と仕組みをわかりやすく解説。配色の基礎が7日間で習得できるようまとめる。

    ■仕事に活かせる点
    綺麗な色使い、という感覚はあっても、どうして綺麗に思えるのか、その理由は感覚的なもの?と曖昧に考えていましたが、
    原理があるんですねえ。

    色の三要素は色相、明度、彩度、なんて、なんとなく聞いたことはあっても、意図を持って学んだことはなかった知識が
    実例を伴って大変よく理解できました。
     ※備忘メモ
     色相:三原色は赤、黄、青で、橙、緑、紫はそれぞれの中間色。
     明度:明度の最も低いのが黒。高いのが白。
     彩度:彩度の高いのが原色。

    まずはイメージに合ったトーン(明度と彩度の組み合わせ)を使うことを心がけます。
    (さわ)

  • 配色で悩まなくなった。

  • 色で悩んだときにパラっと読み返します。確かに基礎なので「知ってるよ!」ということも沢山(笑)

  • これさえ読めば、配色方法の法則が色々分かってかなり便利。

  • 色の印象、配色の基本的なテクニックを素人にもわかりやすく書いてある。結構面白い

  • 7日間でマスターできなくて2年以上手元に置いて作品作りのたびに参考にしています(苦笑)
    見た事のあるポスターや身近なもので色比較の説明をしているので理解しやすく工夫されています。

  • 配色の基礎が解る本。レッスン後の復習問題で理解できたかが解ります。

  • 色の本。
    広告的の配色などが中心。

  • マスターする気はないんですけどねwなんとなく、少しはセンスようなりたいなぁ思って。内容わかりやすいっすねぇ。例しっかりしてるし。ちょろっと問題ついてるし。

全24件中 1 - 24件を表示

7日間でマスターする配色基礎講座 (DESIGN BEGINNER SERIES)に関連するまとめ

内田広由紀の作品一覧

内田広由紀の作品ランキング・新刊情報

7日間でマスターする配色基礎講座 (DESIGN BEGINNER SERIES)を本棚に登録しているひと

7日間でマスターする配色基礎講座 (DESIGN BEGINNER SERIES)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

7日間でマスターする配色基礎講座 (DESIGN BEGINNER SERIES)を本棚に「積読」で登録しているひと

7日間でマスターする配色基礎講座 (DESIGN BEGINNER SERIES)の作品紹介

美しい配色を自分でつくり出す自信はないけど、「きれいな配色だなあ」と思ったことはある。こんな経験のある人ならば、実はセンスが眠っているだけ。この本では配色の効果と仕組みを、わかりやすく解説している。

7日間でマスターする配色基礎講座 (DESIGN BEGINNER SERIES)はこんな本です

ツイートする