基本はかんたんレイアウト (デザインビギナーシリーズ)

  • 74人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (4)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 内田広由紀
  • 視覚デザイン研究所 (2004年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (142ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784881081785

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
スペンサー ジョ...
松下 幸之助
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

基本はかんたんレイアウト (デザインビギナーシリーズ)の感想・レビュー・書評

  • DTP用のレイアウト読本です。
    全編フルカラー。

    商品別のレイアウトが特に分かりやすいです。
    実践派の初期読本として。

  • [図書館]
    読了:2012/2/2

    デザインノートできゅんきゅんきた流れで。

    UCS(Useful, Casual, Spiritual)という3つの区分け(テイスト)と、
    1. 情報量(大, 中, 小)
    2. 写真(角版、切り抜き、裁ち落としorぼかし)
    3. ジャンプ率(小, 大, 中)
    4. 図版率(小, 中, 大)
    5. レイアウト様式(グリッド, 市場, 流水)
    という5つのエレメントによる説明について、目から鱗だった(本職デザイナーにとっては当たり前の事なのだろうけど…)。

    写真の形状について、角版=U、切り抜き=C、立ち落としorぼかし=S、というのは実際の誌面(ビジネス誌、カタログみたいな女性誌、ハイブランドの化粧品広告)を見ておぉ~、なるほどな~と思った。

    野菜ジュースのパッケージにすら適用できるとは…(充実野菜=写真切り抜き・ジャンプ率大=C、癒し系=写真裁ち落とし・ジャンプ率小=S)。

    同じ作者の「配色基礎講座」はパターン分けが多すぎてあんまり実用に使えなかったのだけどこちらは使えそうだなぁと思った。

  • DTPデザインに関してが多いです。
    知人に薦められて譲り受けたのですが、フォントサイズや文言の量などでの比較画像もあり、大いに参考になりました。

  • 実例もあってわかりやすい。

  • 広告デザイナー・雑誌編集者必見の良書。

    レイアウトの本は、単に各雑誌の秀逸
    レイアウトページのみを寄せ集めてハイ
    どうぞあとはご自由に、ってノリが大半
    ですが、この本はすごい。

    3tastes&5elements

    の原則を、実際のレイアウト事例つきで
    ガシガシ説得力をもって展開してくれます。

    先輩の経験則を叩き込まれて、わけも
    わからぬまま日々の仕事をこなす悪循環
    スパイラルに陥ってる人、ぜひ読んでみて。

  • 勉強の為に見てみました レイアウトの形に色々な名前がついているとは知らなかった 本格的な本というよりも軽い参考書のような感じだと思います

  • 良いレイアウトには理由があり、それは理論的に説明できるということを示してくれる心強い本。プレゼンテーションを行う上でこれを知っていることはとても有利になるだろう。最もセンスの良い人はこの本に書いてあることぐらいは無意識に理解してレイアウトをしているように思うが、それでも一読の価値はあり。この種の本は結構たくさん出ているが、なぜこの本を薦めるかというと、豊富な実例に非常に説得力があるということ、そして何よりこの本のレイアウトが非常に良くできていたからである。

全7件中 1 - 7件を表示

内田広由紀の作品一覧

内田広由紀の作品ランキング・新刊情報

基本はかんたんレイアウト (デザインビギナーシリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

基本はかんたんレイアウト (デザインビギナーシリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

基本はかんたんレイアウト (デザインビギナーシリーズ)はこんな本です

ツイートする