やおい小説論―女性のためのエロス表現

  • 37人登録
  • 3.40評価
    • (3)
    • (0)
    • (12)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 永久保陽子
  • 専修大学出版局 (2005年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784881251546

やおい小説論―女性のためのエロス表現の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これを読んで、当人方は「分かってない!」とお怒りらしい。
    別にやおいの人を否定しているわけでもないし、客観的なデータ並べてあるだけじゃ無いかと思うんだけど。
    ただし面白くなかった。

  • 少しも読んでいない。

    「女がエロ小説を読んだって、いいじゃない」とあとがきに書いてあったので買った。

    いわゆるBL小説、マンガを題材に学術研究するにはいろいろ困難があるとだろうと思うので、そのへんのことも、どう扱ったはるのかなーと思って。

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヤマシタ トモコ
中村 明日美子
中村 明日美子
三浦 しをん
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

やおい小説論―女性のためのエロス表現を本棚に「読みたい」で登録しているひと

やおい小説論―女性のためのエロス表現を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

やおい小説論―女性のためのエロス表現の作品紹介

女性にとって、究極的な快楽のみを追究した性愛小説とはなんだろう?女性による女性のための男性同士の愛のポルノグラフィ「やおい小説」における"攻め"と"受け"のジェンダー構造を鮮やかに解き明かす。女性エロチック表現のミステリーに取り組んだ文学批評。

やおい小説論―女性のためのエロス表現はこんな本です

ツイートする