知のツールボックス―新入生援助(フレッシュマンおたすけ)集

  • 93人登録
  • 3.64評価
    • (2)
    • (5)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 9レビュー
制作 : 専修大学出版企画委員会 
  • 専修大学出版局 (2009年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784881252260

知のツールボックス―新入生援助(フレッシュマンおたすけ)集の感想・レビュー・書評

  • ノートの取り方、ものの調べ方、レポートの書き方、プレゼンの仕方、議論の仕方など、おおよそ大学生の授業の基礎はこの一冊で事足りる。

    特に本書はまとめ方がめちゃくちゃわかりやすく、著者自身が本書の中で述べる内容について、非常に高い能力があることを文章で示しているため説得力がある。

    例えば、読むという項目では、学術的な文章の特徴を以下のようにまとめている。

    学術的な文章の特徴。
    ・一般性を持たせるために、論述は抽象的である 
    ・あいまいさを避けるため、専門用語が頻出する 
    ・正確に話をすすめるために、構文が複雑になりがちである 
    ・論証の筋道を示すために、多様な接続詞が用いられる

    これにそれぞれ具体例挙げて説明を行い、だから読むときはそれに注意してこう読めばよい、要約するときはこうすればよいといった内容が記されている。

    ほかにも議論についてという項目では、議論について以下のようにまとめられている。

    議論について。
    ・議論とは、意見の食い違いの根っこを共同で探すことである
    ・質問や反論は、あなたへの攻撃ではない
    ・議論を避けていると、成長できない
    ・すぐに「見解の相違だ」と決めつけない

    議論の目的が「意見の食い違いの根っこを探すこと」というのは目から鱗で、本書を読んでから議論しやすくなりました。

    反論されて「攻撃されている!」と考えるか、「認識のずれの根っこを探そうとしている」ととらえるかで、その後の議論の展開がかなり変わるなと思います。

    また、これは知ってはいたけど意外と忘れがちになっていたことなのですが、

    「論理的に対偶は正しい」ということは議論を行う上で重要だというのを学びました。

    例えば、
    「仕事だからゲームできない。」
    という論理が正しければ、

    →ゲームができるということは仕事ではない。

    という対偶の考えも正しくなくてはならない。
    もし、そうでない場合は論理的に矛盾していることになる。

    これを知っていると議論でも反論したりしやすくなると感じました。

    本書は、文理問わずまさに大学生必読の一冊!
    これから大学生になるという方には超オススメです!

  • ノートの取り方から調べ方、レポートの書き方、プレゼンの仕方まで幅広く大学生に必要なアドバイスが満載。
    今回読んだのは、ノートの取り方。 略記の方法や、取り方のポイントが分かりやすく載ってた。、

  •  「知のツールボックス」というタイトルから、学習に関するちょっとしたコツやテクニックを紹介している本かと思って手に取る。
     内容は大学で勉強するために知っておきたいあれこれ。ノートのとりかた、知りたいことの調べかた、学術的な文章の読解、議論・レポート・プレゼンテーションの方法、大学生活でのネットの活用。
     自分が大学に入学したときに読めればよかったと思う内容だが、すでに卒業した今では「基本」的なことだと感じられる。とはいえその「基本」も役に立つからこそ「基本」であるし、時が経てば忘れてしまうこともある。すでに大学を卒業した人にも得られるものがあるだろう一冊である。

  • “勉強​の仕方、インプッ​トとアウトプットの仕方​を丁寧に知りたか​った。とくに大学​での勉強​という角度から”

    あくまでも大学生の学び方の話であった。自分としては、ゼミで強制的にそれをやっていると思う。アカデミックスキルズとともに削除。

  • 2011 1/21読了。筑波大学図書館情報学図書館で借りた。
    米澤誠さんのブログ(http://blogs.yahoo.co.jp/bpxdx655/44554240.html)で紹介されていたのを見て手に取った本。
    専修大学で新入生向けに作成された、大学での学習の基礎となる教科書。
    自分が指導等をする場面でも役に立ちそう。
    特にメールの書き方指導は実習等の参考にできそうか。

  • 三葛館一般 377.15||SE

    最初の講義から「大学の授業は高校とは違うぞ」と、とまどっているあなたに贈る大学生活の攻略本。
    これを読んで、まじめに授業に出れば、あなたはもうカンペキ!?

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=54334

  • 大学生にわざわざこんな基本的なことを教えてあげないといけないほど、最近の大学生はレベルが低いのか、と思うと情けなくなる。
    この本で学んだのは一つだけ。村上春樹が無人島に持っていくとしたら、それは辞書だということ。

全9件中 1 - 9件を表示

知のツールボックス―新入生援助(フレッシュマンおたすけ)集を本棚に登録しているひと

知のツールボックス―新入生援助(フレッシュマンおたすけ)集を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

知のツールボックス―新入生援助(フレッシュマンおたすけ)集の作品紹介

フレッシュマンの「導入教育テキスト」決定版。やってみて分かる・実践編、ワークブック付き。

知のツールボックス―新入生援助(フレッシュマンおたすけ)集はこんな本です

知のツールボックス―新入生援助(フレッシュマンおたすけ)集の単行本

ツイートする