創世の守護神〈下〉

  • 82人登録
  • 3.24評価
    • (1)
    • (8)
    • (22)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Graham Hancock  Robert Bauval  大地 舜 
  • 翔泳社 (1996年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784881354216

創世の守護神〈下〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  火星探査機が地表のピラミッド群と、人面岩といわれるスフインクスらしきものの存在を映像で流した。火星のピラミッドはギザの大ピラミッドの10倍の大きさがあるらしい。当然、地球とのつながりを連想するわけである。火星の衛星フォボスは空洞であり、火星と地球間をつなぐなんらかの役割を果たしたのかもしれない。火星と人類のつながりを示す証拠として、人類の体内時計は25時間であり、火星の自転と同じなのである。となると、人類は火星から移住して来たと結論づけたくなる。NASAの発表を待たずとも信じたくなる。

全2件中 1 - 2件を表示

創世の守護神〈下〉を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

創世の守護神〈下〉の作品紹介

スフィンクスの浸食の跡とピラミッドの配置は、紀元前1万500年頃を示していた。大ピラミッドの「星をのぞく穴」は紀元前2500年の空に照準を合わせていた。ギザの大地に示されたこの二つの時代は何を意味するのか。著者たちはコンピュータを駆使し、古代の文献を読み解きながら創世の時にさかのぼる。文明発祥の謎を解き明かす太古の「知の遺産」のありかが今ここに明らかになる…。

ツイートする