一万年の旅路 ネイティヴ・アメリカンの口承史

  • 245人登録
  • 4.07評価
    • (40)
    • (10)
    • (29)
    • (1)
    • (1)
  • 30レビュー
制作 : Paula Underwood  星川 淳 
  • 翔泳社 (1998年5月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (545ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784881356074

一万年の旅路 ネイティヴ・アメリカンの口承史の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一気に読みました!あるネイティブアメリカンの一族の来歴を記したものなのですが、その長さがすごい。推定一万年以上。これも、はっきりと伝え始めてからの年数で、その前の飛び飛びの古いエピソードもあって、最古のものはアフリカで樹上生活をしていると思われるものです。
     ネイティブアメリカンの神話集だと思って手に取ったのですが、違いました。神は一度も出てきません。何か分からないものがあったら、徹底的に考察し、学ぼうとする態度を持つ人々だったからです。どうして、そこまで学びと伝承に執着したかというと、一族がどんな状況に会ったとしても過去から学ぶことによって生き延びることが出来ると確信していたからです。そして本当にそのとおりで、アジアの東側からベーリング海を渡り、北米大陸を横切り定住するまで旅の間、過去からの智慧は一族を助けます。
     物語としてとてもおもしろく出来ているのは、楽しくワクワクするものならみんなが耳を傾け、話の中の智慧も広く心を打つからです。話の脚色は真実を伝える手助けとして認められてたんですね。でも、出来事全ては嘘ではなく真実だったと私は思います。読むと分かるのですが、本当にまじめな人たちだったから。
     神も精霊も信じていなくても、宇宙と生命全てに畏敬の念を持ち調和して生きることが可能だということを知ることが出来て感動です。






     

  • ずーっとFebeのベストランキングに上がっていながら、「私には関係ない」と思ってスルーしていた本。
    ふと、思い立って聴いてみたら…

    超面白い!

    ネイティヴアメリカンのイロコイ族は、1万年前は、日本と満州のあたりで暮らしていたといわれるモンゴロイドの一族。
    活動と津波に住み慣れた海辺の町を追われ、悩みに悩んだ末、そのまま北上して、ベーリング海を渡ってアラスカに。
    ロッキー山脈を南下して、厳しい山なみを越えてアメリカ中西部のサバンナ地帯を横切り、最終的に五大湖のあたりに定住するまでの1万年の歴史。
    これを、ずーっと口承で伝えて来た民族の生きざまです。

    と書くと、ふーん、という感じですが、
    途中で知り合った民族のところに嫁に行った女性たちが、
    「女性なのに、男性と対等に話しすぎる。子どもにもそういう教育をするので困る」
    という理由で、嫌がられるエピソードのあたりから、
    面白くなってきました。

    戦わずして、勝つ。

    1万年の旅路の中、途中でさまざまな民とすれ違い交流しますが、「変化を好まない民」「権威にこだわる民」「他の民族をこき使うことに何も感じない民」
    …などなど、衰退していく民族の様子が、今話題になっている企業の姿とダブってしまうのも面白い。

    後半、これが永住の地と定めた五大湖で、敵対してくる「諍いを好む民族」をギャフンといわせるやり方も、痛快!


    ・学びを愛し、知恵を大切にする民。
    ・変化を厭わない民
    ・7代前の過去の歴史を記録し、7代先の未来を見通す力を持つ民
    ・戦いは極力避ける平和の民
    ・多数決では決めない。子どもから大人まで、徹底的に話し合って決める民
    ・それぞれの持つ能力を尊重する民。冒険を求めるものは偵察に、慎重なものは民を守る役目を担う。
    ・情報を重んずる民。意見が分かれた時は、両方を選び、お互いに情報を密にして、どちらに転んでも民が生き残るようにリスクヘッジする。
    ・男女の区別はせず、それぞれが得意なことを担う民。


    そして、イロコイ族は今の生き残った人たちも、常にリーダーは女性で、男性は闘うものとして女性をサポートする。
    話し合いで全てを決めていくという考え方は、合衆国憲法にも反映されているそうですよ。
    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/イロコイ連邦

    私たちのDNAの中に、イロコイ族と共通のものが流れていて、今の世の中の変化を敏感に感じとれた者だけが偶然この塾に集まって来たのでは?と感じています。


    原点思考の強い方には特におすすめ。
    そうでない方も、困難に直面したときにさまざまな知恵で乗り切った、我々の祖先のお話しに、何かヒントがあるかもしれませんね。

    まあ、とにかく長いです(20時間)
    淡々とした口承詞ならではの語り口は、寝る前に聞くのにぴったりかも(笑)
    壮大な夢がみられそうです。
    そして、いつか私もイロコイ族に会いにいってみたい!
    そんな夢をみました。

    さ、あれかし。

  • これは過去最大級におもしろい本だった。
    科学的ではない、トンデモ本だという指摘をする人もいるだろうが野暮というもの。
    神話とは客観性を別にして人の営みにおいて大事なことことが物語として残されたものだとおもう。
    アフリカでうまれて紅海にすみ、ユーラシアを横断して日本近辺にすみ、ベーリング海峡をわたりアラスカ、カナダを南下してアメリカに到達し五大湖周辺にいったイロコイ族の1万年にわたる口承伝承の記録。
    特に印象てきだったのはベーリング海峡を渡る際に強いものが弱いものをまもるシーンと、バッファローをみつけた際にまず観察をして7代先の子孫に迷惑がかからないようにしたこと、こういったことにすさまじい智恵を感じた。

  • あまりにも詳細な米国のネイティブ(インディアン)の1万年前からの口承を文章化した記録。読後も本当か、創作かと半信半疑。凄い記録を私たちは発見したのかも知れない。しかし、創作だとすればこれまた凄いファンタジー!物語は時代も場所も分らない。恐らく1万年前一族<海辺の道を渡った民」の物語は始まる。ベーリング海を何と一本の綱で渡った52名。オハイオ湖に定着し、5つの国が出来るまで。途中で86歳の一族の老女がさらに遡り遠い昔を語る10万年前の話はアフリカ?からのアジアへの大移動を連想させる。正に人類の歴史そのものが口承で詳細に残されている!登場人物の名前も出ない。<前に進み出た男><知恵の娘><新しい文様を探る男><勇敢な兄弟たち>など形容詞付の名称のみ。<大いなる島><大海のほとり><美しい湖>などがどこを指しているのか連想することも楽しい。彼らが冒険心に溢れ、未開の地へ進んでいくその勇気、相互信頼、団結などが実際にあった姿であろうと思うと古い人類の素晴らしさに励まされ、また彼らを褒め称えたい。

  • 7万年から1万年前は、住む場所として、世界が寒いときは、山の懐深くの洞窟が暖かくてありがたがられ、世界が暖かくなるとひらけた浜が好まれた。一族は物見を方々に飛ばし、まわりの世界の有様を知り、他の部族、種族がどう過ごしているのかを理解していた。当時の人類は二種類に分けられ、前者は一ヶ所に定住し、イノシシのような小動物を狩り、女達は豆を栽培し、根菜類や灌木の実を集め、それらを冬に備えて干していた。後者は定住せず、マンモスのような大型ほ乳類の群れについてまわり、その死骸を糧としたり、糞の中から草の実を漁り、道に生えているものを集めて暮らした。

    人は互いの観察からよく学ぶ事。

    例え一人一人の力は劣っていても、多くの者が力を合わせれば少しの者だけでできない事も成し遂げられる。

    海を知る種族は世界がおもに水で出来ていて、その中にところどころ大小の島がある事を知っていた。海を知らない種族は、世界が大きな川で囲まれた平らな土地だと思っていた。イロコイは前者。

    寒さからもっとも守られた場所は女達の場所。女達の中から1人争いを収める1番の賢女が選ばれた。賢女には2人の学び手がつき、知恵を集めたり、多くの人をまとめる賢女の仕事を助けた。また賢女が死亡した際、2人のどちらかが新しい賢女に選ばれた。

    寒さから守られていない場所は学びの場所にあてられ、男達と先達の為の場所。女達もここで網の作り方を習った。男達も長びとと5人の学び手を選び出した。学び手達の仕事は小動物の罠猟とイノシシの背骨を折る難技を教える手助けだった。


    氷河期が終わると、一族は洞窟から出て砂浜で暮らすようになった。そして、繁栄が続くと浜辺いっぱいに人口が増えた為、部族を分けた。長びとは浜辺に、健康でない人々は近くの洞窟に、それ以外の者達は山で暮らす事にした。

    環境の変化の中、人々がこれまでの生き方が続けられる事を望んでいる時、それが叶わぬ事を感じる者達もいて、彼ら一族のはずれの方で、いずれ役立つかもしれない新しい学びを多く得ていた。
    その頃でも長びと達は浜辺から離れようとしなかった。その後、火山の爆発と津波が同時に起こり、浜辺にいた者達は全て流され、山で暮らしていた人達も多くが噴火に巻き込まれて死んだ。長びとは全て流された為、一族は史上初めて長びとに頼らずに住む場所を変える決定をした。

    目が覚めているあらゆる瞬間から学ぼう。眠っている間さえ学ぼう。学びながら兄弟が歩くところを見守ろう。彼が石ころだらけの険しい道を選んでも。

    学べる限りの事を学ぼう。ありとあらゆるものに目を向けよう。全ての音に耳を傾けよう。あとに続く者たちにこの贈り物を伝えよう。

    われらの中に十分な知恵のある者がいない時は、多くの者が心を一つにすれば、確かな道を見出せるかもしれない。

    つねに人に従う者が学ぶのは、他人の背中の形だけである。

    選び方はたくさんあるが、多くの場合はすばやく選ぶ事が最善で、さもないと選んでも手遅れになりかねない。

    一族の中で解決できることも多いけれど、ときには年長者の意見が最善である。

    一つの道でもなく、またもう一つの別な道でもなく、その二つの釣り合いが確かな道を照らし出す。

    節度ある話し合いの知恵を求める事。どんなに大勢でも、どんなに少数でも、どんなに年老いていても、どんなに若くとも、節度ある話し合いの知恵を求める事。一同の中で最年少の者にさえ、座を与えて耳を傾けるがいい。

    私(一族の母)がこのように語るのは、自分の一族が記憶にとどめられる一族となる事を願えばこそ。ここでお前達に言い残す。他の民がわれらと道を交える時、他の民がしばし、われらと共に座す時、彼らにこう語らしむべし。互いに耳を傾け、ともに話し合い、知恵への節度ある道をたどる民を、我らはこの目で見たと。

    イロコイ族は3人の乳幼児を含め、僅か52名でベーリング海峡を超え、アメリカ大陸に渡った。

    今日しか見えない民より、目的をもった一族の方がもっと多くを成し遂げられる。石を数える事しかしない者達より、目的をもった一族の方がもっと大地を遠くまで進める。目的のない者がけっして見る事のない谷間へ、目的をもった一族ならたどり着ける。

    ある者は特殊な先見や洞察を提供し、一族全体はたくさんの足を提供するが、その両方の可能性が見える者たちこそ一族を本当に支える。この者達は見えたことに素早く従い、それゆえに先導役も果たす。そしてこれら中間の者たちがいなければ、我らの道は大混乱に陥るだろう。

    子どもたちの子どもたちの子どもたちにさらなる贈り物をしたいという願いを持つ。

    団結の源が目的意識の中にあると考えるようになった。そして道の本質が多様性をもたらす事を理解した。多くの道が同じ目的地に繋がり、それらの道同士の間には、互いに学び合える事がたくさんあるのだ。

    個々の知恵は一瞬にして消し去られ、飢えた一族の手に届かないところへ消えてしまいかねない。我らが授かった大きな学びは、どんな悲劇のあとでも、残った知恵があればそれは必ず二本足で立ち上がり、明日へ向かって歩き出す事。長びとに誰を選ぼうと、その人を失って一族本来の知恵しか頼れなくなる可能性はいつでもあるという事。我らの授かった大きな学びは、われらの誰1人として全ての知恵を宿すことはできず、我らの1人1人がある一部を宿すという事。そうした全ての意見を1つの理解へとまとめあげる事。

    自分達の見方からしてありえないように思えても、情報を拒む者は既成のものの見方に縛られ、学びの可能性を大きく損なわれる。もしや変化を嫌う民は、そうした束縛も厭わずに生きていけるのだろうか?しかし日々、変化を歌として生きる一族にとって、そんなことはとうてい受け付け難い。

    「我らは彼らにどう映るだろう」という問いをつねに問い続けよう。

    新しい土地を目指そうと決めるにあたり、一族が頭に置いた事の1つは大地の上のゆとりだったが、彼らの心には学びへの欲求もあった。北への道行きからは多くの事が学ばれ、今なお伝えられているし、大海のほとりの学びも重要で同じ位大切にされてきた。ならば、かつての地の東にある土地に関する知識をこれらの学びに加えてはどうだろう?と。

    我らが我らなりの一族であるように、彼らも彼らなりの一族であって、見かけの違いはたくさんあるにせよ、我らはそれらの違いを尊重すると共に、共通性にも目を向けて、その両方から学んでいくべきだろう。知恵は学ぶ事の中のみにある。そして大きな学びの中には、必ずより大きな生存の可能性が含まれている。

    全ての民(動植物)が兄弟であり姉妹である。しかし全ての二本足の民はそれ以上に大きな兄弟であり姉妹である。それが生命のありようなのだ。

    普通の仕事をするには年を取りすぎている者が、ゆとりある時間を使って我らの為に新しい仕事を編み出してくれるかもしれない。大いなる老いが我らにもたらす贈り物の大切さを心に留めよう。1人でも北への足取りを踏もうとする者がいたら、それを何度でも引き止めよう。

    たとえ自ら設けた制限があったとしても、新しい状況に対処しようとすればなんとかなる事を知るにいたった。

    新しい環境でどんなに素早く学ぶか、古い環境ではどれほどゆっくりしか学ばないかを知っている。

    大きな発想の転換は、説明するより問いに任せたほうがいい。なぜなら問う者はたいてい答えを求めており、すでに何か新しい理解が生まれるゆとりを用意しているから。一人一人がそういう問いかけをする方が、4人の女が一族全体の為に何かを決めるよりずっとまし。

    少しづつ、全員が大地に手向ける種と共に生きる事を学んだ。ただし、時としてそのような生き方が他の時代より難しくなることもあった。大部分の者にとって物事の成り立ちについての理解を変えるのは大変難しい事だから。さらに、もたらそうとする変化が本当に子供たちの子供たちの子供たちのためになるのかどうかを読み取るのはもっと難しい。

    自分の見方を超えてものを見ようとしない民は、迫り来る状況によっていつか身を滅ぼしかねない。そして我らの行いは結果として望んでいたのとは違う出来事を招き寄せるかもしれない。

    「新しい目の知恵」に耳を傾ける民である事。我らの中で一番小さく弱い者に耳を傾ける民である事。多くの可能性を考え抜く粘り強さをもった民である事。明日の先まで手を伸ばすと共に、今日と明日もたずさえた民である事。

    予見とそれを現実に当てはめることは別。可能性の二重の輪を歩む事。どんな予見であれ、一人一人が自前の解釈を出し合って早まった行動に歯止めをかけ、最初の理解に頼り切らず、なるべく多くの明日を確保する事。可能性の二重の輪を歩み、その上ではじめてどれか筋の通った道を選ぼう。一族の何人かは必ず南へ消える道を歩いてみる事を忘れずに。

    食べ物を集めたり、食べたり、眠ったり、歌ったり、歩いたり、いろいろな事を思いめぐらしたりしているうちに、ついなにげなく日々を過ごしてしまいがちな事は誰もが知っていた。そういう日常に埋もれている場所から次の場所へ動くのが何かもっと大きな目的の一部である事を忘れてしまいやすい事は誰もが知っていた。

    森の開けた場所へ多くの道が通じているように、ここからもたくさんの違った道がある。いざ、学びへの多くの道を尊重しよう。どこから見るかで樹皮が異なり、同じ木でもたくさんの顔を持つ事を理解しよう。場所によって大地が様々に変化するように、山が平原から見れば高く、平原が上から見下ろせば低いように、全てが全体の一部である事を理解しよう。我らがそれをどう見るかは、見方次第で邪魔にもなれば役にも立つ。ならば役に立つ方を選ぼうではないか。

    めまぐるしい変化の時代には知恵を辛抱強く学ぶだけのゆとりがないし、変化なき時代には辛抱強く記憶しようとする動機が足りない。

    時として、知恵は大きな愚かさののちに初めてやってくるもの。そして、あえて愚かしい道を歩く者たちは、それをしない者達以上に知恵ある道を学び、また示す可能性がある。

    耳を傾けよ兄弟姉妹たち。新しく出逢うどの民にも耳を傾けよ。そして、おのれの顔を見る前に、相手の顔をよく見る事を心に留めるのだ。

    学びを促すためには、学び手の性質がよくつかめていなければいけない。また、いやしくも二本足の持ち主をどこかしらの目的地にたどり着かせようとするなら、その二本の足にちょうどいい学びの道を工夫してやる必要がある。そしてそのような道を一番うまく工夫できるのは学び手自身である。

    おのずと未知の可能性に向く性質や好奇心を持つ者達に、それを学べる道を拓いてやる事が大切。

    一族の間では、なるべく他の者達の仕事も飲み込んでおくという習わしだったから、いろんな仕事を男女の別なく分かち合う事が多かった。男女を分け隔てない民は、一族の中に理解の橋をかけ、つながりの糸を縦横無尽に張り巡らした。その為老若男女を問わず、ほかの者の置かれた立場を理解しやすかった。わが一族は時を越えた時以来そのような生き方をしていた。

    両方の道を選ぶ知恵を。その両方に価値を認めた上で、折々に今はどちらが適切な道か考える事を忘れまい。注意深い目で、二つの釣り合いを取ろう。

    平和の道の守り手達は、別の民のところまで出向いて、歯に衣着せぬ助言をするようになった。その為、そうした民の間で彼らは知恵ある正義の人々として知れ渡った。

    平和の道の守り手たちは、戦の道に通じた者達に語りかけ、殺傷の道を知恵によって終わらせるにはどうすべきかについて彼らの考えを伝えるようになった。一族は戦の中で傷つける事だけでなく、戦が終わった時傷つける事まで学んでしまったからである。

    始まりは終わりではなく、習慣が学びに追いつくには時として長い時間がかかる。

    よかれと思ってはじめた事が、その通り運ばない場合もある。生き延びる見込みを高める為、一族は戦に代わり模擬戦をはじめるようになったが、だんだんと競技で収まらず、競技での手並みを重んじる風潮が拡がり、結果への賞賛がお国自慢に変わってしまった。兄弟である事より、いつのまにか競技でなくなった戦いでの腕前のほうを重んじ始めた事。他所の民との間で避けられた対立が、兄弟の国同士の対立に変わってしまう。

    戦の道を好む者達がなぜ聞く耳をもたないかを解き明かしていった。戦の道に向いてるけれど、同時に平和の大切さを学ぶ力のある若者も選ぼう。そういう若者にも、今我らが平和の道を歩む事を選んだ若者達にしているように、想いや理解について教え、一族の長い旅についての物語を伝えよう。その上で彼らが戦を学ぶ年になったらそれも学ばせよう。彼らが両手にそれぞれの道を乗せて、二つの釣り合いを取る事ができるように。こうして、平和の道の守り手達は、人生の様々な変化を穏やかに受け止めやすく、争いをおさめる才能を秘めた若者達に目をつけるだけでなく、めざとくて腕っぷしが強い天性の若武者にも注がれた。戦の道とその訳について、それが理解できれば平和と統一を目指すより良い道がみつかるかもしれない。



    イロコイ含む北東インディアン諸族には、戦時族長と平時族長という職能分立が伝わる。

  • この本には色々な知恵が書かれているが、一番大切なのは、その知恵を分かち合うこと。奇しくも最近は"シェア"という言葉が見直されている。分かち合いは人類進化のエンジン。

  • 2014/2/20 読み始め
    寝る前に少しずつ、速読の訓練も含めて読み始める

  • 遠い祖先がアフリカを出発してから、ユーラシア大陸を横断してベーリング海峡を渡りアメリカ大陸へ至る部族の歴史を口承で伝えたもの

  • 立花隆『ぼくが読んだ面白い本・ダメな本』で紹介

  • 驚き!驚き!の連続、目をみはる思いで読みすすめました!
    アメリカ大陸に住むインディアンの人々は、アジア大陸からアメリカ大陸へとわたったモンゴロイドの子孫だという説があるそうです。
    津波で多くの住む場所や命を失った人々が、より安全な土地を求めて、続けた一万年の旅路。
    この方たちは、日本人とも、きっと、もともとの祖先を同じにしているに違いないし、読み進めていく中で、途中で分岐していく仲間が、もしかすると私の祖先じゃないのかな、などと、とても興味を持ち、とても共感しました。

    口承伝で語り継がれた「生き続けていく知恵」。
    書物として、個人が残したものではなく、直接、口承で子孫から子孫へと、伝えられてきた、本物の「生きるための知恵」。
    それを持っているイロコイの人々だからこそ、アメリカの中で、今なお、独立した国家を保ち続けることができるのでしょう。
    放射能などの理由で地球から人類が滅亡することになっても、イロコイの部族の中からは、生き残ってくれる人類がいるんじゃないかな、と大いに希望を感じました。

    生き続けるための知恵の基本は、〈古の知恵〉と〈新しい目の知恵〉の両方を大切にすること。
    〈学び〉の姿勢を持ち続け、得た〈学び〉を仲間と共有する。
    子どもたちの子どもたちの子どもたちのことまで考えた、暮らしをする、知恵を伝える。
    命を続けさせてくれる生き物、環境に対しての畏敬の念をもつ。

    小学生の頃は、探検、冒険ものにハマっていましたが、小5ごろに読んでいたら、どんな人間になれてたことだろう!と思いますが(^ε^)、大人になってからでも、遅くはない!
    出会えて良かった本〜!

全30件中 1 - 10件を表示

一万年の旅路 ネイティヴ・アメリカンの口承史に関連する談話室の質問

一万年の旅路 ネイティヴ・アメリカンの口承史を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

一万年の旅路 ネイティヴ・アメリカンの口承史の作品紹介

人類ははるか一万年前、ベーリング陸橋を越え、アジアから北米へ渡った。イロコイ族の血をひく女性が未来の世代へ贈る、一万年間語り継がれたモンゴロイドの大いなる旅路。

一万年の旅路 ネイティヴ・アメリカンの口承史のハードカバー

一万年の旅路 ネイティヴ・アメリカンの口承史のペーパーバック

ツイートする