校庭のコケ―野外観察ハンドブック

  • 24人登録
  • 4.43評価
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 全国農村教育協会 (2002年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784881370926

校庭のコケ―野外観察ハンドブックの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  校庭のコケ、とあるように、身の回りで普通に見られるコケを集めたコケ図鑑。

     はじめに、千葉県内の、里山に囲まれた学校と、都市部の学校の校庭にあるコケを周囲の写真つきで詳しく紹介しています。壁にあるシミのようなものがじつは地衣類だったり、石碑やコンクリート壁に生えるコケだったりしています。思いがけないものがコケの仲間なので、自分が探すときにも、気を付けるポイントがあらかじめ分かっていいです。

     また、コケ図鑑のところは、特徴が分かりやすい写真で、身の回りのコケを同定するのに役立つでしょう。
     この図鑑のページが大変充実しています。

     コケや地衣類についての知識も詳しく書かれています。例えば、コケの一生、生活史、顕微鏡観察をするときのポイントなど。

     子どもたちが、自由研究などでコケの観察をしようと思ったときに、まず参考にする入門書として適しているし、少し知識が増えてきたあとも、分からなくなったときには改めて見てみるのにもよいと思います。

  • 身近に生えるコケについて、収拾した種々のデータから、その生態を紹介する本。特に「樹幹着生蘚苔類」についての記述が興味深い。

  • コケ・ビギナーズラックの一冊。
    身近なコケが載ってるので探しやすいし、用語の解説も丁寧。
    図書館で借りたんだけど、そのうち買いたいなー。

  • 2010年11月15日購入。未読。

全4件中 1 - 4件を表示

校庭のコケ―野外観察ハンドブックはこんな本です

ツイートする