石ころ博士入門 (全農教・観察と発見シリーズ)

  • 18人登録
  • 3.75評価
    • (1)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 全国農村教育協会 (2015年4月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (173ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784881371817

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

石ころ博士入門 (全農教・観察と発見シリーズ)の感想・レビュー・書評

  • 請求記号 458/Ta 33

  • 全農協が出している観察と発見シリーズの一冊。
    自然をよく観て考えて発見しようという趣旨なのだが、子どもから大人まで隅々まで楽しめる文句ない良書だと思う。
    石の観察のための基礎知識、それぞれの石ころについての解説、石ころの生い立ち、巻末の用語説明までとても行き届いている。
    石について知りたいと思ったとき、まず手に取るのにも、折々に読み返すにもいいと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

石ころ博士入門 (全農教・観察と発見シリーズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

石ころ博士入門 (全農教・観察と発見シリーズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

石ころ博士入門 (全農教・観察と発見シリーズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

石ころ博士入門 (全農教・観察と発見シリーズ)の作品紹介

●著者は千葉県中央博物館の研究員で、石ころの面白さ・観察方法をわかりやすく紹介しています。   

●観察のしかたが具体的に示されていますので、石ころ観察の入門書として最適です。   

●石ころの「でき方」と「識別のポイント」がわかりやすく解説されています。   

泥などで汚れた石ころをていねいに洗ってやれば、きれいな色や面白い模様が現れます。石ころは美しい。でも、石ころの凄いのはそれだけではありません。石ころは、火山活動や地殻変動など、地球に起こるさまざまな現象によってつくり出されます。ということは、ひとつの石ころの背後に、地球の壮大な営みが隠されているということです。身近にころがっている石ころの向こうに大昔地球に起きた場面が見える。「石ころは地底探査タイムマシンだ。」と言っている人もいるくらいです。・・・どうでしょう。ワクワクしてきませんか。本書には石ころを通して地球の生い立ちを知る手がかりが満載されています。

石ころ博士入門 (全農教・観察と発見シリーズ)はこんな本です

ツイートする