広告倫理の構築論 人工的体系の構造と実践行動の作品紹介

社会は、感情までも読み取るとされるAI時代に突入した。いまこそ、広告倫理が学際的、複合的、積極的な実務のベースでの対応を強く求められている。広告における信頼と広告効果の根源に「倫理」を捉えることにより盤石な広告体質の創造と広告知力の強化を図る。

ツイートする