萌訳☆ 孔子ちゃんの論語

  • 23人登録
  • 4.25評価
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 福田晃市
制作 : エマ・パブリッシング  イチリ 
  • 総合科学出版 (2010年12月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784881818039

萌訳☆ 孔子ちゃんの論語の感想・レビュー・書評

  • 孔子の『論語』の入門書です。
    中学生〜若めの社会人を対象に書かれたようです。
    各項の構成は、読み下し・現代語訳・歴史的エピソード・解説・4コマ…といった感じ。
    巻頭に孔子の生涯、巻末に全文訳がついてます。

    読みやすい!…ですが、孔子ちゃんが活躍する物語ではなく、割と普通の解説本です。
    残念ながら、孔子ちゃんは挿絵くらいしか出てきません。
    なので、萌小説的なものは期待しないほうが良いです…。

    同著者の『孫子ちゃんの兵法』と基本的な構成は同じですが、こちらのほうが読みやすい感じがします。
    孔子の言う「仁」とは何か?を知りたい人はぜひご一読を!

  • ちょっぴり難しそうな『論語』を孔子ちゃんと一緒に勉強しましょう!マンガで分かりやすく説明している,いい(?)萌え本です!『君子』(立派な行いをする人)を目指しましょう!

  • 孔子/論語に萌える本なのかと思ったら、たんに萌絵で論語を現代的に解釈した本だった。しかも表紙に孔子ちゃんは出てくるけど、マンガの中ではほとんど活躍せず。えー天然ボケっ娘の子路たんとかメガネ委員長の子貢さんとかチビキャラな顔回くんがコントしてくれんじゃないの〜?残念。ただ巻末に全訳があったり作りはけっこうしっかりしてる。

全3件中 1 - 3件を表示

福田晃市の作品一覧

福田晃市の作品ランキング・新刊情報

萌訳☆ 孔子ちゃんの論語の作品紹介

世界初の萌え『論語』解説書。学びて時にこれを習う亦た説ばしからずや。

ツイートする