物語論の位相―物語の形式と機能 (松柏社叢書―言語科学の冒険)

  • 16人登録
  • 2.33評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 1レビュー
制作 : Gerald Prince  遠藤 健一 
  • 松柏社 (1996年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784881988664

物語論の位相―物語の形式と機能 (松柏社叢書―言語科学の冒険)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 物語論(ナラトロジー)という学問の限界がよくわかる本。ジュネットを読めば事足りる。

全1件中 1 - 1件を表示

物語論の位相―物語の形式と機能 (松柏社叢書―言語科学の冒険)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

物語論の位相―物語の形式と機能 (松柏社叢書―言語科学の冒険)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

物語論の位相―物語の形式と機能 (松柏社叢書―言語科学の冒険)の作品紹介

旧ナラトロジーと新ナラトロジーを架橋する統合のナラトロジー。チョムスキー文法を援用するプリンスの物語の文法は、文学研究としての物語論の射程を超出した「人間の学」の可能性を予感させる。

物語論の位相―物語の形式と機能 (松柏社叢書―言語科学の冒険)はこんな本です

ツイートする