広島の公教育はなぜ崩壊したか―検証「人権」「平等」30年の“果実”

  • 12人登録
  • 2.75評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 1レビュー
著者 : 鴨野守
  • 世界日報社 (1999年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882010678

広島の公教育はなぜ崩壊したか―検証「人権」「平等」30年の“果実”の感想・レビュー・書評

  • そういや小学校の頃から人権の授業が多いなと思っていました。
    問題発言があると、授業を潰して一日人権学習をやっていたことも。
    何かの本で読みましたが、広島県民は「君が代」は歌えないが「アオイソラ(?)」や「キョウチクトウ(?)」は歌え、しかもそれをみんなが知っていると思っていると書いてありました。
    いったい何を公教育で学んできたのか、不安になった1冊。

全1件中 1 - 1件を表示

広島の公教育はなぜ崩壊したか―検証「人権」「平等」30年の“果実”を本棚に登録しているひと

広島の公教育はなぜ崩壊したか―検証「人権」「平等」30年の“果実”を本棚に「読みたい」で登録しているひと

広島の公教育はなぜ崩壊したか―検証「人権」「平等」30年の“果実”を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする