優しさをください―連合赤軍女性兵士の日記

  • 18人登録
  • 3.29評価
    • (1)
    • (0)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 大槻節子
  • 彩流社 (1998年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (213ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882024729

優しさをください―連合赤軍女性兵士の日記の感想・レビュー・書評

  •  連合赤軍に加わり、最後は迦葉山にてリンチ死した「女性兵士」の日記、写真、出せなかった手紙などをまとめたもの。1998年に立松和平の序文をえて復刻。
     永田洋子が美貌をうらやんだためとも言われる、理不尽な理由からくる「総括」の犠牲になったからといって、大槻は決して「無実の人」でも「悲劇の人」でもありえない。彼女自身、脱走者の殺害に荷担している。しかし、地下に潜る前まで書き続けられたこの日記を読んでいると、確かに小難しいことは書いてあるが、ほとんどは二十歳前後の当たり前の悩みに満ちあふれている。日記だから、誰かに読ませようと思って書いたものではない。だから当然読みにくい。それが却って、40年近く経った今も何かを問いかける。切れ切れの言葉、詩、ぶつけられるように書かれる「ナンセンス」の文字が胸に迫った。

全2件中 1 - 2件を表示

優しさをください―連合赤軍女性兵士の日記を本棚に「読みたい」で登録しているひと

優しさをください―連合赤軍女性兵士の日記を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

優しさをください―連合赤軍女性兵士の日記の作品紹介

連合赤軍事件で悲劇的な死をとげた女子学生の68年〜71年にかけて遺した日記。ここに表わされたものは、60年代後半から70年代初頭の激動の時代の重圧にあえぎながらも、人間らしい生き方を追求した真摯な魂の記録である。

優しさをください―連合赤軍女性兵士の日記のオンデマンド (ペーパーバック)

優しさをください―連合赤軍女性兵士の日記のKindle版

ツイートする