あらゆる名前

  • 54人登録
  • 3.50評価
    • (3)
    • (5)
    • (9)
    • (0)
    • (1)
  • 6レビュー
制作 : Jos´e Saramago  星野 祐子 
  • 彩流社 (2001年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882027102

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ドストエフスキー
カズオ イシグロ
フアン・ルルフォ
フランツ・カフカ
G. ガルシア=...
J.L. ボルヘ...
ジェイムズ・P・...
イタロ カルヴィ...
ウンベルト エー...
ドストエフスキー
フランツ・カフカ
ガブリエル ガル...
オルハン パムク
有効な右矢印 無効な右矢印

あらゆる名前の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「彼女と面と向かって話をしたいとは思わないよ、それならどうして彼女を探すんだい、どうして彼女の人生をしらべてまわっているんだい、.......理不尽だ、そのとおり、理不尽なんだ、でももう何年も前からこの理不尽なことをやっているんだ、もし彼女に会うことになったら、君は彼女を探していたことを知らせないでおくんだと言いたいのかい、そのとおり、どうして、説明はできないな」

    主人公はあらゆる出生と死亡を記録し続ける戸籍管理局のさえない中年独身男性。
    ふと1人の女性の記録に、知りたいという衝動に駆られ、自分の立場を利用してまで危険を冒し、その女性を追い求める。
    「相手のことを知りたい」という欲求と「自分のことを欲しい」という欲求とのアンバランスさがストーカー小説の面白さではないでしょうか。いや、詳しくはしらんけど!!
    ポルトガル人初のノーベル賞作家。映画「ブラインドネス」原作「白い闇」の作者。
    目が見えなくなる病気が蔓延した世界の隔離病棟の中でただ1人、目が見える女性の戦い。
    非常にえぐい、きつい、がいい映画だと思います。

  • 局長はなぜあんなにジョゼ氏に好意的だったのか

  • サラマーゴ特有の開業や文字記号のない読みづらい文体で、慣れていない人は最初で嫌になると思う。もしかしたらこれでも、翻訳の段階でだいぶ補正されているのかもしれないが。物語は膨大な数の死の記録が集められる出生管理局の古い戸棚から、ふとある一人の女性の記録に取りつかれたようにその生涯を追う、出生管理局に努める一人の初老の男性の物語。その姿はまさにパラノイア。途中目も当てられない。だが、こうした強烈な描写もまた、サラマーゴ特有。一癖も二癖もある作家だ。

  • 自分が下したとみられる決断は実は外部にこそ依存していて、その外部のものも更に外部に依存しているのではないかと考えさせられる。
    修行を重ねて5年後に再読。

  • 読み続ける気になれず、80ページぐらいで読むのを止めた。

  • 戸籍管理局に勤める下っ端の50がらみのオッサンが、ひょんなことから一人の女性を探し求めることになる・・・。ちょっと精神が疲れている時に読んだのであまり内容が頭に入ってこなかった。要再読。

全6件中 1 - 6件を表示

あらゆる名前を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あらゆる名前を本棚に「積読」で登録しているひと

あらゆる名前の作品紹介

ポルトガル語圏初のノーベル賞作家が独自の文体で描く異色作。孤独な戸籍係の奇妙な探求を通して、人間の尊厳を失った名も無き人の復活劇を描く!
 ●『あらゆる名前』は一見、この上なくシンプルなプロットの動きの少ない小説である。しかし、そのなかにはカフカに通じる官僚化する現代社会を見つめる視点や、人間と人間との関係について、そして背景には、やはり歴史的につくられたポルトガルの風景や言葉などがある。あるいは、あるひとりの人を追い求め人間の心の内を心理学的コンテクストで読むこともできるし、他人を求める人間という視点から、他者あっての自分を考える材料ともなり、ひとつひとつの出来事を社会学的視点から解読していくことも、また全体を包括する広い宇宙という観点から哲学的に楽しむこともできる。聞き手がどのような方向から、どのような距離からアプローチしても相応に答えてくれる小説と言える。

ツイートする