北アイルランド「ケルト」紀行―アルスターを歩く

  • 10人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 武部好伸
  • 彩流社 (2001年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (270ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882027164

北アイルランド「ケルト」紀行―アルスターを歩くの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 北アイルランドに行ったことがある。Omaghという町。
    日本人が全然いなくて。
    パブもあり。
    寒々とした低い山、茶色の川、海もあり。

全1件中 1 - 1件を表示

北アイルランド「ケルト」紀行―アルスターを歩くを本棚に登録しているひと

北アイルランド「ケルト」紀行―アルスターを歩くを本棚に「読みたい」で登録しているひと

北アイルランド「ケルト」紀行―アルスターを歩くを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

北アイルランド「ケルト」紀行―アルスターを歩くの作品紹介

紛争の影と同居するケルトの遺産を探索する。宗教・政治対立の火種がくすぶり続ける街々に、豊かなケルト文化と重層的なアイルランドの歴史を見出し、街の人々の声を交えながら「もうひとつのアイルランド」を描く。著者の「ケルト」紀行3作目。写真・地図多数
 (本文より)「旅の最大の目的は、北アイルランドにどれほどケルトの息吹きが宿っているかを探ることだった。……実際現地を訪ねてみると、思っていた以上に悠久の歴史に彩られたケルトの遺産が眠っていた。場所によってはきわめてケルト色の濃い空気を感じ取ることもできた。これは大きな発見だった。と同時にまた、北アイルランドに対する見方を変えなければならないと痛感した。……北アイルランドにはいろんな情報が詰まっていた。ケルト文化は言うにおよばず、クランの歴史、フォークロア、アルスター移民、宗教事情、聖パトリック、プランテーション、ダニエル・ボーイ……とほんとうに多彩な要素を含んでいた」

ツイートする