物語のナラトロジー―言語と文体の分析 (千葉大学人文科学叢書)

  • 17人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 前田彰一
  • 彩流社 (2004年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882028765

物語のナラトロジー―言語と文体の分析 (千葉大学人文科学叢書)の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

物語のナラトロジー―言語と文体の分析 (千葉大学人文科学叢書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

物語のナラトロジー―言語と文体の分析 (千葉大学人文科学叢書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

物語のナラトロジー―言語と文体の分析 (千葉大学人文科学叢書)を本棚に「積読」で登録しているひと

物語のナラトロジー―言語と文体の分析 (千葉大学人文科学叢書)の作品紹介

物語における「言語」「語り」「形態と構造」を多角的に分析したナラトロジー(物語の理論)——サリンジャー、吉本ばなな からムージル、大江健三郎の作品分析までを多角的に取り上げた実験的試みで、テクスト全体を読解するための物語文学論。
本書で扱われた作品夏目漱石『草枕』/芥川龍之介『羅生門』/川端康成『雪国』/大江健三郎『万延元年のフットボール』/ 吉本ばなな『キッチン』/ヘミングウェイ『白い象のような山々』/ポー『アッシャー家の崩壊』/サリンジャー『キャッチャー・イン・ザ・ライ』(『ライ麦畑でつかまえて』)/ エミリ・ブロンテ『嵐が丘』/コンラッド『ロード・ジム』/フィールディング『トム・ジョーンズ』/ジョイス『ダブリンの人々』/ゲーテ『若きウェルテルの悩み』/カフカ『城』/ムージル『グリージア』/プーシキン『コーカサスの捕虜』/ドストエフスキー『白痴』/ゴーゴリ『外套』ほか。

ツイートする