村上春樹とネコの話

  • 26人登録
  • 3.20評価
    • (1)
    • (1)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 鈴村和成
  • 彩流社 (2004年4月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882028888

村上春樹とネコの話の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • -『羊』『ねじまき鳥』『カフカ』は、村上春樹のネコをめぐる三大小説である-

    村上春樹は「究極的には男の子にしかわからない」と言われたことがある。この本を読んでいたらその理由がちょっと見えた気がする。村上春樹の小説の主人公は生物学的には「男」だけど、「ネコ=女的なもの」をしっかりと抱えていて、でもそれは表面化しないし、その不自然さからか、世界に居場所がない。そして、居場所を求めて冒険にでる・・・。これをより実感できるのは肉体的には男子の両性具有者なのかも。
    え~、この本そのものは、文学部や藝術大学の学食での会話を楽しめる人におススメ。

  • 数多くの猫とガールフレンドの記憶だけを残して、時は静かにそして休むことなく流れ去っていく。

  • 色気について考えました。そんな記述はどこにもないけど。

  • ネコと村上春樹。おもしろい視点で
    書かれた本で楽しかった。

    海辺のカフカを読んだ後だったので
    なおさらおもしろかった。

全4件中 1 - 4件を表示

村上春樹とネコの話の作品紹介

ネコだけが知る「村上ワールド」のからくりとは何か? 80年代から先駆的に村上文学を論じてきた著者が、「ネコ」という視点から村上作品群をミステリーのように解読。「ネコ派文学」の魅力の核心に迫る。著者による写真付き

村上春樹とネコの話はこんな本です

ツイートする