少年アート―ぼくの体当り現代美術

  • 15人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 中村信夫
  • スケール (1986年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882396512

少年アート―ぼくの体当り現代美術の感想・レビュー・書評

  • 弓立社(1986/9/30第一刷 1988/7/20第三刷発行)

    ロンドンへ行く・・・日本人であること
    自分自身で始めたこと・・・学校へ
    家具の学校へ入る・・・デザインとは
    デザインからアートへ・・・ロイヤル・カレッジというところ
    R・C・A時代・・・問題はあくまでコンセプト
    アーティストたちとの出会い・・・アーティストは国境を越える
    ギャラリーの話・・・日本のギャラリーの問題点
    美術館の話・・・行動派のキュレーターを作るために
    アート・シーンとアート・ワールド・・・日本のアート・ワールドはどこに?
    絵の問題点・・・ミニマルからコンセプチュアルアートへ
    日本へ・・・世界に対する日本のユニークなポジション

全1件中 1 - 1件を表示

少年アート―ぼくの体当り現代美術を本棚に「読みたい」で登録しているひと

少年アート―ぼくの体当り現代美術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

少年アート―ぼくの体当り現代美術を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

少年アート―ぼくの体当り現代美術を本棚に「積読」で登録しているひと

少年アート―ぼくの体当り現代美術の作品紹介

とっつきにくい現代美術も、流れさえわかれば楽しく見れる。一人の若者がロンドンぶらり旅で偶然出会った本格的な現代美術界冒険記。平易な語り口と毒舌、ユニークな体験とアーティスト面白逸話を通して浮かび上がる現代美術の世界地図。

少年アート―ぼくの体当り現代美術はこんな本です

ツイートする