死刑制度必要論―その哲学的・理論的・現実的論拠 (法学の泉)

  • 17人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 重松一義
  • 信山社出版 (1995年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (104ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882619833

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リリー・フランキ...
ジョン ブロック...
三島 由紀夫
吾妻 ひでお
小池 真理子
灰谷 健次郎
宮部 みゆき
アンドリュー・キ...
リチャード・ドー...
有効な右矢印 無効な右矢印

死刑制度必要論―その哲学的・理論的・現実的論拠 (法学の泉)の感想・レビュー・書評

全2件中 1 - 2件を表示

死刑制度必要論―その哲学的・理論的・現実的論拠 (法学の泉)を本棚に登録しているひと

死刑制度必要論―その哲学的・理論的・現実的論拠 (法学の泉)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

死刑制度必要論―その哲学的・理論的・現実的論拠 (法学の泉)を本棚に「積読」で登録しているひと

死刑制度必要論―その哲学的・理論的・現実的論拠 (法学の泉)はこんな本です

ツイートする