「ぼくの父さんは、自殺した。」―その一言を語れる今 (Soenshaグリーンブックス)

  • 26人登録
  • 4.22評価
    • (3)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 今西乃子
  • そうえん社 (2007年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (166ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882643043

「ぼくの父さんは、自殺した。」―その一言を語れる今 (Soenshaグリーンブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 978-4-88264-304-3 166p 2007・12・? 1刷

  • 学校から子供が借りてきたので私も読んでみた。
    学校図書なので読みやすい。

    中学2年生の時にお父さんが自殺。
    祖父母と一緒に亡くなったお父さんを発見した。

    自分が父親を殺してしまったんじゃないかと苛まれる。
    もっと早く発見していたら今まだ生きていただろうと。

    なかなか父親の自殺を受け入れる事が出来ず悩む毎日。
    でも、痛みを共有できる仲間と出会い、
    自殺者を無くす為に彼は社会に立ち向かっていく。


    人それぞれいろんな環境に置かれ、考えてる事は違う。
    そこをどう周りがフォローしていけばいいのか、
    そして自分もそういう立場になったら、どうしたらいいのか。
    難しい問題だけど、目を反らしちゃいけない事なんだな。

  • 今、日本で自殺をする人は年間約三万人にのぼるという。本書の主人公は、中学二年生のときに父親を自殺で失った青年である。父の死を自殺と言えなかった・・・。目指すべきは「生き心地のいい社会」を築き上げることだろう―――。自殺をなくすため、自殺について語られる社会へ。

    私にできることなんてあるのだろうか、と思わなくてもいい。 語ることで向き合うことができるように、私たちもまた、知ることで何かをつかむことができるはず。

  • 人は話すことで心の整理と気持ちの確認ができる。話すことで第一段階の壁を破ることができるのに、それすらできない状況を作り出しているのは社会だ。自殺した親は子供を見捨てたわけでは決してない。生きるのが苦しかっただけだ。

全4件中 1 - 4件を表示

今西乃子の作品一覧

今西乃子の作品ランキング・新刊情報

「ぼくの父さんは、自殺した。」―その一言を語れる今 (Soenshaグリーンブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

「ぼくの父さんは、自殺した。」―その一言を語れる今 (Soenshaグリーンブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「ぼくの父さんは、自殺した。」―その一言を語れる今 (Soenshaグリーンブックス)はこんな本です

ツイートする