メン!出会いの剣 (ホップステップキッズ!)

  • 23人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 開隆人
制作 : 高田 桂 
  • そうえん社 (2009年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882644408

メン!出会いの剣 (ホップステップキッズ!)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 剣道に燃える少女の青春スポーツ物語。

  • えっと、剣道は…
    この文量だから、仕方ないのか。
    続き物だ。

  •  部員がやめて廃部が決まっていた剣道部。一人、部に残っていた小6のミク。ところが、サッカー部をやめた5年生のケンヤたち4人が入部したいと言ってきた。
     この巻では、剣道の話というより、なぜケンヤたちはサッカー部をやめたのかが中心。

  • 久世ミク。小6、幼い頃から道場を経営している父に剣道を教わり、剣道大会で毎年優勝するほどの腕前。学校の剣道部では父が顧問をしてからというもの、厳しい指導について行けない友達が次々と部活を辞めてしまい、ついにはミク一人に。
    しかしそこに、夏瀬ケンヤ(小5)が現れた。サッカーが得意でハンサムなケンヤは、学校でも有名人。しかしサッカー部をやめ、3人の仲間とともに剣道部に入部した。
    廃部寸前だった剣道部としては願ったり叶ったり。しかし、ミクの父親は学校の剣道部など、遊び気分の剣道は指導しないと言う。顧問がいないと部として認めてもらえないため、ミクたちは8月のスポーツ少年団の剣道大会で1回戦突破したら、ミクの父親に顧問として残ってもらえるよう、説得する。


    サッカー部でも、横暴なコーチのやり方に反旗をひるがえして辞めてきた4人。本当に自分が試合で活躍できる部に入りたい、そんな気持ちを抱えて5人の挑戦がはじまる。
    まだ1巻なので、なんとも評価しにくいけど、話しの展開が楽しみ。

  • 選書会で、子どもたちが選んだ本。

  • ミクはただ一人の剣道部員。
    もうすぐ廃部になるし、どうせ使われないなら、
    長年の汗と汚れの染み込んだ防具を洗おうと、水道場にたらいを持って来た。
    すると5年生のケンヤが、手伝うと言ってきた。
    ケンヤはサッカー部のエースだが、ある理由からサッカー部をやめたのだと言う。
    そして数日後、ケンヤは友人3人を連れて、剣道部入部を希望してきた。

    何か深いわけがありそうだが、4人の決心が固いのなら、
    ミクは一緒に剣道をしてもいいと思った。

    続編があるようです。
    今回は、サッカー部に起きた事件がメインでした。

全6件中 1 - 6件を表示

メン!出会いの剣 (ホップステップキッズ!)はこんな本です

ツイートする