レッツがおつかい―レッツ・シリーズ〈3〉 (まいにちおはなし)

  • 46人登録
  • 4.38評価
    • (11)
    • (7)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : ひこ・田中
制作 : ヨシタケ シンスケ 
  • そうえん社 (2011年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (64ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882644767

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヨシタケシンスケ
三浦 しをん
ヨシタケ シンス...
ヨシタケ シンス...
ヨシタケシンスケ
ヨシタケ シンス...
おかべ たかし
トミー=アンゲラ...
ヨシタケ シンス...
ヨシタケ シンス...
ヨシタケ シンス...
くすのき しげの...
有効な右矢印 無効な右矢印

レッツがおつかい―レッツ・シリーズ〈3〉 (まいにちおはなし)の感想・レビュー・書評

  • どこに行っても、「おかあさんはどこ?」ときかれた。だれも、「おとうさんはどこ?」とはきいてくれなかった。とうさんはいらないのね。
    っていうのがすげー面白かった。まずいだろ。S10

    最近話題のヨシタケシンスケ絵の絵本。
    内容もちょっと似てる。
    子供向けというより、大人がニヤリとする絵本。
    文章が皮肉なのを微笑ましくする絵の威力を感じる。この絵がうちのチビちゃんと重なるんだよねー。
    最後の絵がきゅーってなる。
    レッツは頼んでないのに頭をなでられてうれしいときとうれしくないときがある。
    でも大きい人はなでられるのが いつも うれしいのだ。

  • 『レッツとネコさん』、『レッツのふみだい』に続く、レッツの話。前の2作は、5歳のレッツが、3歳のころを思いだしての話と、4歳のころを思いだしての話だったが、この『レッツがおつかい』は、5歳のレッツの話。これだけまだ読んでなかったので、借りてくる。

    テレビで、3歳の子ども2人がおつかいに行く話をやっている。クリーニング屋で服を渡し、お金を払って、でもお釣りを貰い忘れて、お店の人が追いかけてきて渡している。帰りにケーキ屋でケーキを買って、2人は途中の公園で食べている。そして砂場で遊んでから帰った2人。

    このテレビの向こうの子どもに対し、レッツの親は「ちゃんと おかね はらえたぞ。かしこいなあ」「あ、でも、おつりを もらうのを わすれたわ」とか、「おなかが へってたのね」「がまん できなかったんだね」とか、「よく がんばった。ほんとうに えらいわ」「3さいで おつかいを できるんだね」とか言っている。

    レッツの感想は「大きい 人って、やさしいのだ」「おなかが へったら、手を あらわないで 食べて いいのねえ」などで、次の休みの日にレッツは「はじめての おつかい」に出かけることにした。

    ▼3さいの アリサと シャナは、おかあさんに おつかいを たのまれていた。
     レッツは 5さいだから、たのまれなくても おつかいに 行けるのだ。(p.12)

    かあさんくらいの年の人のうしろを歩いたら、改札はぱかっと開いて、電車に乗ったレッツは片手の指を折って5つめの駅で降り、とうさんくらいの人のうしろを歩いて、またぱかっと開いた改札を抜けた。エレベーターで上がったところは、前の前の前の休みの日にとうさんとかあさんと3人で映画を見にきたショッピングモール。何をおつかいするか、ショッピングモールの中を探検するレッツ。

    ▼どこに 行っても、「おかあさんは、どこ?」ときかれた。だれも、「おとうさんは、どこ?」とはきいてくれなかった。
     とうさんは いらないのね。(p.35)

    レッツはそれから、広場のボールのプールで遊んで、ひろばのベンチでおつかいについて考える。「あ、お金が ないから、かうのは できないですね」(p.46)。お金のない初めてのおつかいをどうしたらいいか?

    広場の入口の台の上には折りたたんだ紙がいっぱいあって、みんなそれをお金を払わず持っていく。これでお金がなくてもつかいできる!レッツもその紙を取ってみるが、何が書いてあるのか全然分からない。そこでまた知らない人に「おかあさんは、どこ?」と声をかけられて、レッツは「まいご」に変身!

    「まいご」のレッツは、ジュースをもらって(でもジュースを飲んではいけない日だったのでウーロン茶をくださいと言うと大人はすごく喜んだ)、チョコクッキーももらった。また「まいご」になろうとレッツは思う。

    迎えにきたとうさん、かあさんと家に帰って、「はじめてのおつかい」の報告をして、「おとうさんは、どこ?」と聞かれなかったととうさんにおしえてあげると、「レッツ、こんど まいごになったら、『おとうさんが、いない』って さけんでくれないか」(p.62)と頼まれた。

    「もちろん!」

    5歳の子どもは、こんなふうに考えたり、こんなふうに動いたり…するのかもしれないと思いつつ読む。ヨシタケシンスケの絵がやはりおかしい。

    (11/3了)

  • 絵本。シリーズ。ひとくせあるおつかい。

  • 子どもがビックリしていた。。。

  • レッツはすごい…

  • ぼくも一人で遠いところにお使いに行ってみたい。

  • 5歳のレッツがおつかいに出かけることに。

    レッツがお父さんとお母さんに頭を撫でてたところが
    微笑ましかった

  • テレビで3さいの子がおつかいに行っていた。レッツは5さいだから、たのまれなくてもおつかいに行けるのだ。駅から電車にのってデパートまで!
    どうやって改札をぬけたのかって? かんたんかんたん。なんだかレッツてすごくない?
    クールないたずらっこレッツがだいかつやく。おとなって子どもにやられっぱなしなのかもね。

全9件中 1 - 9件を表示

レッツがおつかい―レッツ・シリーズ〈3〉 (まいにちおはなし)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

レッツがおつかい―レッツ・シリーズ〈3〉 (まいにちおはなし)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

レッツがおつかい―レッツ・シリーズ〈3〉 (まいにちおはなし)はこんな本です

ツイートする