1限めはやる気の民法 1 (ビーボーイコミックス)

  • 440人登録
  • 3.61評価
    • (57)
    • (41)
    • (148)
    • (2)
    • (1)
  • 48レビュー
  • ビブロス (1998年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882718130

1限めはやる気の民法 1 (ビーボーイコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 白泉社の文庫の方を購入しました。よしながさんの漫画ほんと好きだな~法学部は本当にこんな難しそうなこと勉強してるのかな。すごいな~

    メインカップルも好きだけど弟カップルも好き。

  • 御曹司×真面目くん

  • 藤堂が田宮と出会って変化する姿が良い。そして逆も然り。
    よしながさんがこの時代に描くBLには
    サブキャラとして色々なタイプの素敵な女性が描かれている。
    寺田さんも強くてかっこいい。

  • 名門大学の法学部の楽勝ゼミに集まるお金持ちや権力者の二世である内部進学者たちと外部からきた学生・田宮。ゼミ生達にはイラッとしてたのでたつさぶ教授の最後のプライドにはスッキリ(笑)餌付けされる田宮がかわいい。世話焼き攻いいなあ。

  • BL。

    典型的なBLで、よしなが節はそんなになし。

  •  藤堂と ジャイアン(月とサンダル)が 魅力的なキャラクターの多いよしなが作品でも特に好きです。

  • 何気に手にとって読み始めた作品です。
    この作品がきっかけになって、BLものにはまりました。
    名門の大学に一般入試で入った田宮くんは、とっても優秀な学生、
    かたや藤堂くんは有名政治家の息子だけど、入りたくって入った学部じゃない・・・

    結ばれた(?)後、田宮くんと藤堂くんはどうなっていくのかなってとこで、1巻目が終わります。

  • 帝能大学、刑法がやりたくて入った龍サブゼミは田宮以外全員高校からの持ち上がりの超チャらい楽勝ゼミだった。歓迎コンパで助けてくれた籐堂に告白されるも、自分は違うと否定する。彼は田宮に歩み寄り、仲良くしだすがそれ以上の関係にはなかなか進まない。酔った臨時教授にキスされて誤解しちゃう田宮や、父親の贈収賄で無視される藤堂、才色兼備な友人のスキャンダルや卒論、色んな事件を経て卒業目前、もう会えないとキスした籐堂を引きとめた田宮は...。

    大学のいい加減な感じやゼミの雰囲気とか、楽しく描かれていて、全然違うジャンルの大学だから面白い。

  • ○1限目はやる気の民法 
    ○2限目はあぶない刑法 
    ○3限目はけだるい商法 
    ○そしてその後… 

  • よしながふみが外部入学で法学部に入ったんだなあという説明漫画。よしながふみはホモ漫画があんまうまくないので批評は省く。2巻のケツに載ってる藤堂弟スピンオフが一番読める部分だけどノイローゼで精神病んでる人間が「ナウシカの話をしよう」と切り出して本当にナウシカの話を続けるのは整合性が取れててメンヘラ描写になってないよね。
    あれ先輩が精神病んで初めて愛を告白してたけどもうその愛を育めないって切なさが主題なのに、その前段階のメンヘラ描写ができてないとあんまり良い作品にならないよね。

  • 長くなるぞ。
    きっかけは忘れたけど、なぜか手に取ってしまって創作BLにはまるきっかけになった作品。
    二次創作ものしか読めなかったそれまでとは違う、二次創作ものの興奮や萌えとも違う創作というジャンルの面白さが沢山ある。
    世の中に溢れている漫画と比べて絵がずば抜けてきれいという訳ではないけどテンポ、間がすっごく面白い。これが漫画か!と改めて実感した。絵がうまいから漫画が描けるんじゃないと最初に思ったのがこの作品。
    BL特有の一時的なエピソード単発ではなく、何年も二人が積み重ねてきた関係がしっかりわかるのが嬉しい。
    むかつくキャラも、ムカツクだけではなくしっかり愛情が感じられた。こちらも一方的にムカツク!と思うだけではなく理解のできるムカツク、という感じですらっと読めた。
    とにかく、私の原点。
    としながふみさんの作品は古いものから読んでもらいたい。

  • リブレ(元ビブロス)はやっぱりエロが濃い。
    大奥とかでよしながふみに出会った人からしたらなかなかにびっくりなんじゃないだろうかといらん心配をしてみたりする。

    今わりと一般向け(というと語弊があるが)の作品でも活躍しているBL出身の作家さんは沢山居るけれど、そっちから入ってきた人にとってはこういった世界はどう見えるんだろうか。
    私個人としてはどちらのジャンルの作品だろうがどちらも作者が「描きたい」ものであると解っているし、そこに差異を感じたことは無いのでよくわからない。
    私がよしながふみを好きなのは、どんな作品にも見られる悲しみの丁寧さと優しさだから。

  • 受の田宮がすっげえツンデレw
    自分がゲイであることを自覚というか諦め?させられていく過程が切なくて良かったです。

    ただエ/ロシーンの表情がねー・・・もうちっとこう・・・
    ま、ひとそれぞれの好みだと思いますが、うーん・・・

  • よしながBL作品ではこのシリーズ一番スキかもしれない。お互いが、友人にしろ恋人にしろこういう人が傍にいたらこの人は強くいられるんだろうなっていうのを連想させてくれるので、みてて気持ち良いコンビです

  • かなり好き
    これでよしながさんを集め始めた!

  • ふと思い出して実家から移動。

  • 私の中でツンデレキングの田宮。
    そして(ビジュアル的に)汚い攻ランキングだんとつ1位の藤堂。(2巻以降に限る)
    きっと本当によしながふみが描きたかった藤堂は、2巻からのNew藤堂(笑)なんだろうなと読んでて思った。

    しかし私には田宮の萌えポインツがイマイチ理解しかねますたよ。もっとつるっつるになって若返った藤堂なら解るけど、髪をちょっと切っただけで殆ど変化の無い藤堂をみてあんな動揺して真っ赤になっちゃうなんて・・・そんな田宮は身悶えするほどかわゆかった。しかし萌えポインツはやっぱりわからない(笑)
    それにしても、よしながふみは食べ物もさることながら、食べ方もひじょーに美味しそうに描いてて、毎度の事だが本気で食べてみたくなる。あぁ・・・イワシの刺身に生姜とにんにくをといた醤油をつけて食べたい!

    足立君のポジションが羨ましいです。

  • 全2巻。素直じゃなかったり、口が悪かったり、気が強かったり、攻より性格が男らしかったり・・・私はそんな受に弱いとだんだん自覚してきた。

  • 全2巻。持っています。

  • よしながふみのBLの中では一番好き。もっとシリーズを書いて欲しかったなー…。

  • よしながさんの作品の中では実はこのシリーズが一番好きです。

  • 藤堂の我慢強さに脱帽。

全48件中 1 - 25件を表示

1限めはやる気の民法 1 (ビーボーイコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

1限めはやる気の民法 1 (ビーボーイコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

1限めはやる気の民法 1 (ビーボーイコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

1限めはやる気の民法 1 (ビーボーイコミックス)はこんなマンガです

ツイートする