愛とは夜に気付くもの (スーパービーボーイコミックス)

  • 310人登録
  • 3.52評価
    • (37)
    • (20)
    • (124)
    • (0)
    • (0)
  • 18レビュー
  • ビブロス (1999年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882719496

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

愛とは夜に気付くもの (スーパービーボーイコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 大沢家政婦協会

    「騎士は姫君の前にひざまずく」(銀英伝)2000.8.11
    「騎士と姫君」(銀英伝)2001.10.7

    「月とサンダル」(月サン)95.12.30
    「月とサンダル」再録加筆(月サン)96.8.3
    「月にサンダルソルフェージュ」(月ソル)98.3.29
    「先生と橋爪のその後」(月サン)98.8.15
    「小林とジャイアンのそれから」(月サン)98.12.29
    「ジャイアンだって人である。」99.5.2

    「主人の分際」(執事)96.12.28
    「主人と貴婦人」(執事)97.3.29
    「雪の降る夜」(執事)97.8.16
    「ああ主よ、このよろこびを」(執事)97.12.28

    「その後どうした!?田宮と藤堂」(一限目)99.8.14
    「藤堂のレーゾンデートル」(一限目)99.12.26
    「大学教授は優秀な学生に恋をするか?」(一限目)2000.5.3
    「愛ある生活。」(一限目)2000.8.11
    「言えないけど好き」(一限目)2001.5.5

    「かなり人でなし」(西洋)2000.12.30
    「初恋」(西洋)2001.8.11
    「小野は厨房で夢を見る」(西洋)2001.12.30
    「猫とおじさん」(西洋)2002.5.3
    「好事家の絵本」(西洋)2002.8.9
    「永遠はありますか?」(西洋)2002.12.28
    「悪魔のような男」(西洋)2003.8.15
    「青い鳥」(西洋)2003.12.30
    「ため息をつきながら」(西洋)2004.8.15
    「僕の大切なひと」(西洋)2004.12.30
    「七夕の夜」(西洋)2005.8.14
    「そしてかくも平穏な日々」(西洋)2005.12.30
    「橘という男」(西洋)2006.8.13
    「そっとしておいて」(西洋)2006.12.30

    「ケンジとシロさん①」(きのう)2015.12.29
    「ケンジとシロさん②」(きのう)2016.12.30

  • 短編集『本当に、やさしい。』の「執事の分際」の続編。
    表題作以外は、書き下ろしと同人誌からの収録。

    p204からのアントワーヌの心境の変化はありがちな流れだけど、
    その後の行為後の感想までを描ける所が凄い。
    それに、分かる気もする。

    初めてよしながさんのBLを読んだ時には、描写に度肝を抜かれた。
    今はすっかり慣れてしまった自分が少し悲しい。

  • 執事の分際(「本当に、やさしい。」収録)の続編。
    この二人、大好きだ。

  • はいはい。
    クロードがまずいいよね。鉄仮面なのにぼっちゃんのことになると可愛いとか何事。
    ぼっっちゃんもムカツクのに憎めない愛しさ!よしながふみさんのムカツクのに憎めない感じにいつもやられてしまう。
    二人は恋人というよりやっぱり愛人だなぁ。
    ふたりは変わらずバカやりながら生きてったらいいよ。
    好き。

  • よしながふみのタイトルセンスが好きだ。
    最近の商業ファッションBLのセンスの無さといったら、中身同様どこぞのエロ漫画とかわらない。まぁそれもBLの需要の一つなんだろうけども。
    個人的にはやっぱりセンスのある作品が読んでいて気持ちがいい。
    ネームにセンスのある作品はタイトルも良いような気がする。
    言葉の力って大事ですよ。

    「ああ主よ、このよろこびを」

  • 我侭おぼっちゃまがいい味出してる。結構胸にきます

  • 「本当にやさしい」の巻末に収録された「執事の分際」続編。革命直後のフランスが舞台ですが、ぜんっぜん重々しくないのですんなり物語に入っていけます。

  • わがままな貴族の少年と優秀な執事の話。最近他社出版で再販してる作品。この方のフランスを舞台にした貴族話は絶品です。

  • 一巻完結。フランス貴族の執事と主人のお話。ユーモアもさることながら主人公の柔らかい表情、愛し続けることの喜び、二人の幸せが綺麗に描かれています。

  • 借り物シリーズその4。
    貴族モノです。西洋史については全くといっていいほど無知なのですが、西洋の貴族社会ってこうだったのか!と思うほどのきっちりした設定。そして、BLものに多いのか、物語のスパンがとても長い。そういう方がより切なくて好きなのですが。

  • ホントなら「西洋骨董洋菓子店」とかを選ぶんでしょうが、私はこっちです。こういう中世時代背景のモノは目がない方で…。内容も重くなく、ホント面白いです。

全18件中 1 - 18件を表示

愛とは夜に気付くもの (スーパービーボーイコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

愛とは夜に気付くもの (スーパービーボーイコミックス)のKindle版

愛とは夜に気付くもの (スーパービーボーイコミックス)のコミック

ツイートする