ゼンタングル 瞑想アートを描く

  • 25人登録
  • 3.83評価
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
制作 : 服部由美 
  • ガイアブックス (2014年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882829010

ゼンタングル 瞑想アートを描くの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この本を買う前から
    別のゼンタングルの本やネットで
    描いてる人たちの作品を参考に
    見よう見まねで描きまくっていたけど
    今一度基本に立ち返って教則本にしたがって
    practiceしはじめた。
    パターンを自分で考えずに
    練習パターンを真似して描くのも
    楽しいし新しい発見もある。
    いきなり描くのがハードル高いと思う場合は
    こういう教則本で慣らしてからが
    良いのかもと思う。

  • 瞑想アート、ゼンタングルの本。
    作品以外にあまり色を使わず、とても見やすい本でした。
    公式パターンの描き方が紹介解説してある横に、それを応用した作品が載っているので、参考にしながら練習できます。
    良かったです!

  • 授業用

全3件中 1 - 3件を表示

ゼンタングル 瞑想アートを描くの作品紹介

癒しのアート、ゼンタングルを学べるビジュアル入門ガイド。ゼンタングルは、精神と直観と認識力がすばやく正確に一体となって働き「リラックスした集中状態」が手軽に得られる“瞑想アート様式”として多くの人に親しまれている。また、ラインや円など図形を繰り返し描いていくことで記憶力の向上や創造力の刺激、ストレスの解消等、多くの効果があると言われる。1日に見開き2ページ、全42日間(6週間)でゼンタングルを速習できる構成で、さまざまなパターンやテクニックをやさしく解説する。第1章では道具の使い方に慣れながらパターンの色調や奥行きの出しかたを覚えていく。第2章では立体感を軸に風景画や様々な表現方法を。第3章は幾何学的なパターンとオーガニック的なパターンを細かく解説し、第4章ではさまざまな色の出し方を紹介。第5章、第6章では具体的な例を見て細かなテクニックを学んでいく。

ゼンタングル 瞑想アートを描くはこんな本です

ツイートする