家族と生きる意味―フィリピン・マニラのストリートチルドレン (JULA BOOKSブックレット)

  • 12人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (0)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
  • JULA出版局 (2000年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (72ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882841227

家族と生きる意味―フィリピン・マニラのストリートチルドレン (JULA BOOKSブックレット)の感想・レビュー・書評

  • フィリピン・マニラ首都圏、路上でタバコなどを売る物売りや物乞いをして生活する子どもたちやゴミ山で生活する子どもたちに焦点をあて、その実情や問題の背景を紹介してくれています。そして、彼らと彼らを取り巻く環境やその家族との関係、そして助け合う大切さを学ばさせてもらいました。

全1件中 1 - 1件を表示

家族と生きる意味―フィリピン・マニラのストリートチルドレン (JULA BOOKSブックレット)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

家族と生きる意味―フィリピン・マニラのストリートチルドレン (JULA BOOKSブックレット)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

家族と生きる意味―フィリピン・マニラのストリートチルドレン (JULA BOOKSブックレット)を本棚に「積読」で登録しているひと

家族と生きる意味―フィリピン・マニラのストリートチルドレン (JULA BOOKSブックレット)の作品紹介

ストリートチルドレンという言葉が、ようやく「聞き覚えのある言葉」になりはじめている。だが、まだストリートチルドレンとはどんな子どもたちなのかよくわからない、みな路上に放りだされた孤児や捨て子だろう、と思っている人が多いことも事実だ。果たして、「路上の子どもたち(ストリートチルドレン)」はみな、親がいないのだろうか?親に捨てられ、家をでてきたのだろうか?ずっと路上で寝起きしているのだろうか?-それぞれの国や地域、子どもの状況を知ることを通して、私たちは、路上の子どもたちが、国によっても、子ども一人ひとりによっても、少しずつ異なる現実を生きていることを、理解しなければならない。そうしてはじめて、路上の子どもたちの素顔がみえてくる。

ツイートする