鉄輪の舞 (ふしぎ文学館)

  • 24人登録
  • 3.09評価
    • (0)
    • (3)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 式貴士
  • 出版芸術社 (1993年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882930532

鉄輪の舞 (ふしぎ文学館)の感想・レビュー・書評

  • カンタン刑を読んでみたくて。虫嫌いな人にはきつい。
    全体的にグロいがペラい。そのオチ?そのオチはいいの?まあいいのか?という気分。

  • 15編の短編で構成された短編集。なんというか、玉石混交だな。
    何のまとまりも無い。まぁ、それが式貴士らしいと言えば、そうなんだが・・・。
    高校生の頃、友人達との間で式貴士が流行ったことがあり、今回、図書館で借りてきて読んだわけだが、あの頃に受けた衝撃というか嫌らしさ的な感覚は無かった。それだけ、自分が歳をとったという事になるのか・・・。

    この作者らしく、15の短編は、残酷、エロ、グロ、ナンセンスのオンパレード。代表作と言われる「カンタン刑」も収録されているが、やはりこの話が一番印象に残った。

  • ちょっと読みづらいかな?カンタン刑はだいすき!気持ち悪い!

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする