コミケ殺人事件

  • 16人登録
  • 2.60評価
    • (0)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 小森健太朗
  • 出版芸術社 (1994年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882930914

コミケ殺人事件の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • メタ・フィクショナルな趣向で多重解決というある意味では贅沢な作品でした。一つ一つの仕掛けは小粒でもここまで畳み掛けられると、いわゆる「量が質に転化する」という様相を呈してきますね。難点は『ルナティック・ドリーム』が結局どんな作品なのか分からないところ。

  • いいものを持っていても
    きちんと組み合わせが浸透しないと
    何の意味も成さないということ。
    この作品がそういうことを教えてくれています。

    まず問題なのは
    最後の最後は決めないといけないのに
    ぜんぜん決まらない、ということ。
    これは推理小説なのにかなり致命的だと思います。

    そしてもう一点。
    余計な表現が逆効果になっていること。

    まあ発想は悪くないから
    1までにはしなかったけど
    実評価は2.5。
    最後ですべて打ち砕いてくれたから。

全3件中 1 - 3件を表示

コミケ殺人事件に関連する談話室の質問

コミケ殺人事件はこんな本です

ツイートする