細菌人間

  • 53人登録
  • 2.92評価
    • (0)
    • (1)
    • (21)
    • (3)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 筒井康隆
  • 出版芸術社 (2000年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882931942

細菌人間の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中高生時代なら胸躍らせて読んだであろうSF短編集。
    ほとんどの作品に宿敵として登場するわオリオン星人。私はオリオン座が好きである。
    一番見つけやすいから。
    しかし、オリオン座のどこかの星からやってくる彼らには会いたくないなあ。
    表題の細菌人間は、人の脳に寄生したオリオン星人を倒すため、ミクロの決死圏のごとく彼の息子と従兄弟が小さくなって体内に侵入し戦う話。

  • SF短編集です。
    さわやか…

  • ジュブナイルでしたか。おかげですぐ読めました。「細菌人間」思ったより怖かったです。解説に当時の少年誌に出てた挿絵がありましたが…怖いよ取りつかれたお父さん!!

  • こどもの読み物の中に入っていた作品です。初期のもののようです。ストーリーはなかなかでした。

  • なつかしい・・・泣けてくる

  • 読んだ冊数カウントのため乗せる。

  • 脳に取りついて人間を自由に操る宇宙人と戦う表題作の他全5編を収録。
    うち4編が単行本初収録。1965年から66年に発表された少年向け小説-
    ジュブナイルの冒険SF傑作集。

全7件中 1 - 7件を表示

筒井康隆の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
筒井 康隆
有効な右矢印 無効な右矢印

細菌人間はこんな本です

細菌人間を本棚に「読みたい」で登録しているひと

細菌人間を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

細菌人間を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする