子供たちの探偵簿〈1〉朝の巻

  • 26人登録
  • 3.64評価
    • (2)
    • (3)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 仁木悦子
  • 出版芸術社 (2002年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882932239

子供たちの探偵簿〈1〉朝の巻の感想・レビュー・書評

  • 「猫は知っていた」を最初に読んだのをきっかけに、仁木悦子さんのミステリー作品の魅力にはまり、高校時代、夢中になって文庫本で読みあさりました。いまでも、その文庫本は捨てずに手元にありますが、さすがにカバーも色あせ、中の頁も茶色く変色・・・。
    本書は、仁木悦子没後25年にして、作品がハード本で再度出版された嬉しい企画。文庫本には収録されていなかった、未発表作品や作品ノートなども、今回のハード版シリーズには収録されており、思わず買い求めました。

    この『子どもたちの探偵簿 ①朝の巻』に収録されている作品(短編)は、以下の通り。
    「かあちゃんは犯人じゃない」
    「誘拐犯はサクラ印」
    「鬼子母の手」
    「恋人のその弟」
    「光った眼」
    「銅の魚」
    「夏雲の下で」
    「石段の家」
    「うす紫の午後」
    「穴」

    いずれも、大人達とは異なった子ども達ならではの切り口・ヒントから事件を解決に導いていく健気な姿は、読後、微笑ましく心温まる思いに包まれます。

  • 童話・児童文学というよりも、大人が楽しむショーとミステリーという感じである。どこにでもいそうな子供たちが、さまざまな難事件に巻き込まれ、名探偵へと変身する。

  • 子供が主役の短編ミステリ集。子供の世界を主に描いていてかなり読みやすいけれど、「子供っぽい」わけではない。特に「鬼子母の手」で描かれた「大人と子供との境目」なんて、大人が読んでもすごく寂しくそして悲しく感じる部分。童心にかえって読みたい一冊。

  • 小さな短編集。
    子供が探偵で、なかなか面白かった。

  • 小学校高学年の少年少女を主人公としたミステリ。時代はどうしても古いけれど、痛快。

全5件中 1 - 5件を表示

子供たちの探偵簿〈1〉朝の巻の作品紹介

ミステリに庶民的な明るさとユーモアを初めて導入した仁木悦子の、少年・少女を探偵としたユニークな本格推理小説集。母の連れ子、教育ママに悩む少女と親友、野球コンビの同級生など、性格や境遇は違っても、子供たちの澄んだ眼は真犯人を逃がさない!意外なヒントから謎を解いていく彼らの名推理は、大人たちが忘れ去った星空のようにキラメいている。

子供たちの探偵簿〈1〉朝の巻はこんな本です

ツイートする