横溝正史自選集〈2〉獄門島

  • 86人登録
  • 3.68評価
    • (10)
    • (13)
    • (18)
    • (3)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : 横溝正史
  • 出版芸術社 (2007年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882933137

横溝正史自選集〈2〉獄門島の感想・レビュー・書評

  • 12月の3冊目。今年の205冊目。

    横溝正史作品のおそらく最も評価が高いと思われる作品。なるほど、これは確かに小説として完成度が高いなーと思いました。孤島という隔離された空間はそれ自体独特の雰囲気を持ちやすいですからね。あっさりしていないし、逆にくどくない。バランスの取り方が絶妙だと思います。

  • 犬神家、金田一シリーズなど誰もが聞いたことがあるものを書いている中で、一番評判がよく、ミステリー好きの中で有名なので。

    人間社会システム科学研究科 M2

  • 子どもの頃に『真珠郎』を読んだ時の衝撃は忘れられないな。妖しく禍々しく...でも、惹き付けられる。『獄門島』再読、横溝テイストを堪能しました。

  • 金田一シリーズ。次々と殺人事件が起こっていくが、犯人までは最後まで辿りつけない。わかっているのは金田一だけ。読者には全く推理できないが、最後に一気に解決するのは、爽快。

  • 私、今まで本当にまともに横溝正史読んだことなくて、でもドラマや映画の類はちらほら見ていたのですが、どうも色々な話をごちゃ混ぜにしていた模様。

    瀬戸内海の元流刑島が舞台で、金田一氏は復員中に亡くなった親友の頼みでやってきたところから始まります。

    探偵も引っかかったミスリードに見事に引っかかりましたよ…
    しかし、当時の人には、芭蕉や基幹の俳句を諳んじるのは当たり前にできることだったのでしょうか…
    ううむ、探偵にはなれんな…

  • 獄門島で起きる不可解な連続殺人事件…
    俳句を見立てた殺人は恐ろしいものですが、耽美的なものを感じさせます。金田一の推理も読者を置いてけぼりにせず、合点がしやすい。

    犯人…まさか!でした。
    何故犯行せざるを得なくなったのか、犯人の事情がちょっぴり物哀しくて良いです。余韻にじんわり浸れました。

    解説によると最初は犯人が違っていて、横溝正史さんの奥様が違うキャラを犯人だと言った為、構想を練り直したんだとか。なんにせよ奥様あっぱれでございます。

  • 過大評価されすぎでは?読んだあとに何も残らない。

  • この小説が素晴らしいと言われるゆえんが分かった気がします。
    ラストの驚き。本当に素晴らしかったです。

  • 難しそうで敬遠してたけど、そんなことなかった。

    黒幕の気持ちが分からなくもない。

    探偵というのは起こったことを明らかにする存在であって、悲劇を食い止める存在ではないんだなあ。

  • 横溝正史自選集が図書館にあったので第2巻「獄門島」を借りてきた。下記三つの俳句に見立てた殺人は文学的である。トリックも見事で改めて横溝先生の偉大さを感じた。土日で一気に読了。しばらく横溝作品に嵌るかも。
    ・鶯の身をさかさまに初音かな (宝井其角)
    ・むざんやな冑の下のきりぎりす(松尾芭蕉)
    ・一つ家に遊女も寝たり萩と月 (松尾芭蕉)

  • 鮮やかなトリックと意外な犯人。とても面白かった。
    さんざんテレビで金田一シリーズは見たはずなのに
    初めて読んだような気がする・・・。
    金田一さんの謎解きに引き込まれて、一気に最後まで読みました。

  • これはもう最強。
    むざんなや 胄の下の きりぎりす
    三姉妹が殺されていく過程は恐ろしいながらも美しさがある。

  • 久々に夢中で読んだ本。
    なぜか横溝正史には手が出なかったんだけどもー。
    映画で満足してたのかもしれない…。

    今読んでも面白いトリックやストーリー。
    とりあえず私のツボにはハマったって感じです。

    やっぱ温故知新というかー。
    これを読んでると京極夏彦は横溝正史好きだったんじゃないかなーとか。
    香り的になんとなく似てる…。

    歴代金田一耕介では石坂浩二が一番好きです(笑)

  • 映像化にあたって端折られる部分を、きちんと全部読めて、ようやくすっきりした感じです。やっぱり原作はちゃんと読まないと駄目ですね。特に感想を言うまでもなく、面白かったです。

  • 金田一シリーズの中で今のところ一番好き

全17件中 1 - 17件を表示

横溝正史自選集〈2〉獄門島に関連する談話室の質問

横溝正史自選集〈2〉獄門島を本棚に「読みたい」で登録しているひと

横溝正史自選集〈2〉獄門島を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

横溝正史自選集〈2〉獄門島を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

横溝正史自選集〈2〉獄門島を本棚に「積読」で登録しているひと

横溝正史自選集〈2〉獄門島はこんな本です

横溝正史自選集〈2〉獄門島のKindle版

ツイートする