風さん、高木さんの痛快ヨーロッパ紀行

  • 23人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 出版芸術社 (2011年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882934097

風さん、高木さんの痛快ヨーロッパ紀行の感想・レビュー・書評

  • 1965年、山田風太郎 高木彬光のヨーロッパ旅行記。
    本著のクレジットは山風先生が先に来てますが、高木彬光先生の『ぼくのヨーロッパ飛びある記』を上段、下段に山風先生の「日記」を併載するという面白い構成。上段が「読者に向けた読み物」に対し、下段はごく個人的な「日記」。多少話を盛るために脚色していそうなものの、両者の記述は殆ど食い違いが無いのが凄い。

    また、「海外(観光)旅行解禁翌年」という相当昔の旅行記、準備のモノモノしさや当時の世界の光景、またそれを見ての日本人の姿との対比なども興味深い内容でした。

  • 当時を考えると贅沢な旅だったのだろう。音楽を中心とする旅行で珍道中が繰り広げられるってGOOD。

全3件中 1 - 3件を表示

風さん、高木さんの痛快ヨーロッパ紀行の作品紹介

「忍法帖」の山田風太郎・「神津恭介」の高木彬光、2人の巨匠が敢行した抱腹絶倒のドタバタヨーロッパ珍道中!高木彬光の旅行記再刊行に加え、山田風太郎の秘密の旅日記を初公開。直筆イラスト・写真・その他新資料を多数収録。

風さん、高木さんの痛快ヨーロッパ紀行はこんな本です

ツイートする