皆川博子コレクション5海と十字架

  • 50人登録
  • 4.17評価
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 皆川博子
制作 : 日下 三蔵 
  • 出版芸術社 (2013年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (525ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882934448

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
皆川 博子
皆川 博子
皆川 博子
皆川 博子
皆川 博子
小野不由美
皆川 博子
梨木 香歩
小野 不由美
有効な右矢印 無効な右矢印

皆川博子コレクション5海と十字架の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 児童文学をメインにした中短編集。しかし児童文学といっても、かなり読み応えのある作品ばかりです。「海と十字架」「炎のように鳥のように」の二作品は、たしかに仮名づかいなどは易しいけれどかなり重厚な歴史小説でした。
    お気に入りは「暗い扉」。これもジュニア向けミステリのようですが、かなり重い物語。もしこれを中高生の時分に読んでたら、どすんと重いトラウマになりそうだなあ。

  • 主に児童書を集めた第Ⅰ期の最終巻。第Ⅱ期の刊行も間近に迫っているのは嬉しい限り(ほったらかしすぎた……)。
    『海と十字架』は確か作品精華の方にも収録されていたんだったか、隠れキリシタンを主人公にした長編。『炎のように鳥のように』も飛鳥時代を舞台にした長編。児童書として世に出たものだが、どちらも大人が読んでも充分に面白い。
    長編2本という分量があるので短編の収録数は4本と少なめ。

  • 私が初めて読んだのが「炎のように鳥のように」なので、とても懐かしい。。。

    出版芸術社のPR
    「伊太と弥吉、2人の少年を通して隠れキリシタンの受けた迫害、教えを守り通そうとする意志など殉教者の姿を描き尽くした表題作ほか、「炎のように鳥のように」の長篇2篇。」

全3件中 1 - 3件を表示

皆川博子コレクション5海と十字架を本棚に「読みたい」で登録しているひと

皆川博子コレクション5海と十字架の作品紹介

伊太と弥吉、2人の少年を通して隠れキリシタンの受けた迫害、教えを守り通そうとする意志など殉教者の姿を描き尽くした表題作ほか、長篇「炎のように鳥のように」や貴重な短篇4篇を収録した豪華傑作選、いよいよ完結!

皆川博子コレクション5海と十字架はこんな本です

ツイートする