夢巻

  • 259人登録
  • 3.37評価
    • (9)
    • (20)
    • (27)
    • (9)
    • (2)
  • 35レビュー
著者 : 田丸雅智
  • 出版芸術社 (2014年3月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784882934585

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

夢巻の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • フレッシュなショートショート20篇が詰まっています。キラキラからブラック、不条理まで。
    田丸さんはあとがきで「幻想」「シュール」「ナンセンス」の三つの軸を意識して作り上げていると書かれていました。
    なるほど!星新一さんっぽくもあるけど、絵本作家の長新太さんの世界っぽいなぁ~と個人的に思いました。幼少期の思い出が詰まったような作品が多くて、絵本の世界観って感じで想像しやすい。なので全体的に読みやすかったです♪

    好きな作品は…「蜻蛉玉」「妻の力」「綿雲堂」「星を探して」「岬守り」「夢巻」
    一番笑ったのが…「大根侍」かな。「大根侍」は幻想系ではないけど、幻想系の作品が好きです。

    ショートショートって創り出すのが大変だと思います。がんばって!と応援しつつ、次の作品が楽しみな作家さんの一人でもあるかも。

  • 『夢巻』  田丸 雅智  出版芸術社

    シガーバーってご存知ですか?
    壁に設置されたキャビネットには、葉巻がずらりと並べられ、店内のところどころでほのかに桃色にいろづいたけむりがたちのぼっているんです。
    タバコの煙は紫だろうって?そうですねぇ、ここのは葉巻じゃ無くて「夢巻」だから桃色なのかも。夢巻が何で作られ、
    吸うとどうなるか…読みたいでしょう?

    表題の「夢巻」を含め、20編のショートショートが収められたこの本。『海色の瓶』の前に書かれた田丸さん初の単行本です。

    ふわふわと夢を見ている様な幻想的な話もあれば、コントみたいな奇想天外な話もあり、日常がある時突然変わってしまう不思議でちょっと怖い話まで、とにかくハズレ無しにどれも面白い。

    こちらもピース又吉さんが面白い、とおすすめしているのが、納得できます。
    私は「蜻蛉玉」「綿雲堂」「星を探して」がお気に入り。

    読みやすくてバラエティーに富んだこの短編集が大好きになりました。次を読むのが楽しみです(^_^)

  • ふわふわした世界観で面白かったです。
    夢の中にいるみたいな輪郭をもたない映像が頭の中に浮かんできました。
    ゆるいSFのような、そうでもないような印象の中で何も考えずにページを捲っていった感じです。
    特に印象に残ったお話は綿雲堂と大根侍です。綿雲堂はなんというか、頭に流れてきた映像が色鮮やかできれいでした。大根侍はノリが好き。

    この作品のような雰囲気のお話が好きな方は、「煙突にハイヒール」という作品もおすすめです。

  • ファンタジー、奇想、シュール、ウィット、ナンセンス、笑い、いろいろな味のキャンディが詰まっています。これはと思うもの、うーんいまいちと思うもの、それも一興。ショートショートはネタが命、作者にとってはしんどいだろうけど、読み手にとっては楽しみです。今後も続けて欲しいです。

  • ショートショートの期待の新人。星新一さんに憧れてショートショートを書き始めたとの事。超絶空想の世界なので、好き嫌いは分かれるかもしれません...が!!私は大好き。一気に読破するよりも、毎晩1話ずつ堪能したい・・・そんな本でした。

    個人的には「蜻蛉玉」「みみずの大地」「綿雲堂」「岬守り」「夢巻」が特に好きです。日常に追われて嫌なこともたくさんあるけれど、そんな毎日に忘れていた何かを思い出させてくれるような、どこか異次元に連れて行ってくれるような・・・そんな1冊です。

  • 普段の何気ない物や場所、物語からすっと妄想の世界へいざなってくれる妄想万歳!な一冊でした。
    久しぶりにショートショートを読んだのですが、とにかく面白かったです。

  • NHK FM 青春アドベンチャー「夢巻(全5回)」の原作
    http://www.nhk.or.jp/audio/html_se/se2016015.html

  • ショートショートストーリー。
    星新一さんに影響を受けたらしい。
    それだからか奇妙な話が多い。
    小学生の作文をもとにして作った葉巻、夢巻が本の題名。

    大根侍も面白かった。

  • 短い中で、何気ない日常から、幻想的世界にふわっと連れていかれる。
    そんなショートショート集。
    ショートショートはあまり読まないので、新鮮。
    筆者は、若手ショートショート作家を代表するひとりとか。
    なんとなく和んだり、にやりとしたり、読後感のいい話が多かった。
    「蜻蛉玉」「タナベくんの袋」「ネギシマ」がよかった。

  • 摩訶不思議、ほんわか、いい感じにtwisted

    大学の先輩だと聞いて勝手に親近感に浸る

全35件中 1 - 10件を表示

夢巻に関連する談話室の質問

夢巻を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夢巻を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夢巻を本棚に「積読」で登録しているひと

夢巻の作品紹介

星新一の流れを受け継ぐ新世代ショートショート作家の旗手、初の単行本!
田丸ワールド全開の、ちょっと不思議な20編。


――名うての読み巧者たちが大絶賛!――

うん。面白い。綺麗だったり、楽しかったり。  新井素子

ぶっとんだ奇想と一握の抒情。SF系SS(ショートショート)の理想形。  大森 望

友人の家に上がり込んで話を聞いてたら、身の回りの物が踊り出した! そんな感じの驚きでいっぱい。  瀬名秀明

水野葉舟、城昌幸、星新一へと受け継がれた掌篇ニッポンの系譜に、新たな可能性を拓く才能が出現した!   東雅夫

理がかようナンセンス! 珍無類なロジック!   牧眞司

(※お名前は五十音順で掲載)

ツイートする