戦略の歴史―抹殺・征服技術の変遷 石器時代からサダム・フセインまで

  • 19人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : John Keegan  遠藤 利国 
  • 心交社 (1997年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (465ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883022915

戦略の歴史―抹殺・征服技術の変遷 石器時代からサダム・フセインまでの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • なぜ人は戦争をするのか? 

    この問いに対する一つの答えが本書です。「戦争」という行為を文化面から考察した良書です。

  • 元英国サンドハースト陸軍士官学校上級講師にして、デイリーテレグラフの防衛問題担当編集者であるジョン・キーガンの大著。その日本語訳版。
    戦略というよりは、「戦争」を人類学的見地から見た本で、クラウゼヴィッツの批判本だね。独創的な感じだけど、批判がちょっと中途半端かな。全否定できない部分までも否定的にもっていこうとして論理破綻しているような感じも受ける。

全2件中 1 - 2件を表示

ジョン・キーガンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

戦略の歴史―抹殺・征服技術の変遷 石器時代からサダム・フセインまでを本棚に登録しているひと

戦略の歴史―抹殺・征服技術の変遷 石器時代からサダム・フセインまでを本棚に「読みたい」で登録しているひと

戦略の歴史―抹殺・征服技術の変遷 石器時代からサダム・フセインまでを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

戦略の歴史―抹殺・征服技術の変遷 石器時代からサダム・フセインまでを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

戦略の歴史―抹殺・征服技術の変遷 石器時代からサダム・フセインまでを本棚に「積読」で登録しているひと

戦略の歴史―抹殺・征服技術の変遷 石器時代からサダム・フセインまでの作品紹介

人類はいかに戦ってきたか。相手に勝利する思想が戦略である。戦争はその時代の最高のテクノロジーを要求する。人間の征服本能・兵士の戦闘形態の歴史を、当代最高の軍事史家が精密に俯瞰した名著の邦訳。

戦略の歴史―抹殺・征服技術の変遷 石器時代からサダム・フセインまではこんな本です

ツイートする