月夜の王子に囚われて (ショコラノベルスハイパー)

  • 32人登録
  • 2.77評価
    • (0)
    • (0)
    • (10)
    • (3)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 雪代鞠絵
制作 : 成田 優紀 
  • 心交社 (2004年4月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883029860

月夜の王子に囚われて (ショコラノベルスハイパー)の感想・レビュー・書評

  • 結婚指輪を受け取らないと抵抗している小鳥の心情がいまいちわからず……。
    けど書き下ろしの「月と薔薇の秘密」は良かったと思います。

  • アラブの王子様・イシュマ×日本人宝石職人の息子・杉本小鳥のカップリングです。
    イシュマは本当に傲慢な王子様って感じです。
    BLだと攻めは本当に受けが好きって感じそのままです(^_^;)
    「~俺も、お前を人前に晒すのは本意じゃないんだ」ってイシュマが言ってますが、
    こういう攻めってアラブものではすごく多いような気がしました^_^;

  • よくある砂漠の国の王子×日本の高校生ものという感想です。目新しさはないかな~。随所随所で雪代さんらしいショタで淫乱っぽい受けへの執拗や愛撫描写がよいところはあったけれど。
    四つん這いになって自分で広げて腰振って見せろとか。←
    手放してよい本なので、評価は低めにしました。

  • 俺―杉本小鳥は、宝石職人である父親が造った王子様の結婚指輪を届けに、中東のラハディール王国を訪れる。依頼主は、ラハディール王国の王位第一継承者―イシュマ。小柄で頼りない俺に指輪を運ぶ大役が任されたのは、王子様のイシュマと幼馴染みだからだ。懐かしい相手との十年ぶりの再会。ところがイシュマは、子供の頃と変わらない傲慢な口調で、「結婚指輪をつける花嫁は小鳥だ」なんて言い放った!しかも必死で抵抗する俺に、花嫁の夜の仕事であるセックスを強要してきて…!?王子様の傲慢度がアップした書き下ろしも収録。

  • 感想は省きますm(_ _)m

全6件中 1 - 6件を表示

月夜の王子に囚われて (ショコラノベルスハイパー)はこんな本です

月夜の王子に囚われて (ショコラノベルスハイパー)のKindle版

月夜の王子に囚われて (ショコラノベルスハイパー)の文庫

ツイートする