ボッティチェリ「プリマヴェーラ」―ヴィーナスの園としてのフィレンツェ (作品とコンテクスト)

  • 12人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : Horst Bredekamp  中江 彬 
  • 三元社 (2002年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (155ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883031030

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ボッティチェリ「プリマヴェーラ」―ヴィーナスの園としてのフィレンツェ (作品とコンテクスト)の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

ボッティチェリ「プリマヴェーラ」―ヴィーナスの園としてのフィレンツェ (作品とコンテクスト)を本棚に登録しているひと

ボッティチェリ「プリマヴェーラ」―ヴィーナスの園としてのフィレンツェ (作品とコンテクスト)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ボッティチェリ「プリマヴェーラ」―ヴィーナスの園としてのフィレンツェ (作品とコンテクスト)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ボッティチェリ「プリマヴェーラ」―ヴィーナスの園としてのフィレンツェ (作品とコンテクスト)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ボッティチェリ「プリマヴェーラ」―ヴィーナスの園としてのフィレンツェ (作品とコンテクスト)の作品紹介

優美な調和に満ちた楽園を思わせる「プリマヴェーラ」。しかし詳細に画面を探査していくにつれ、人物相互や空間表現に潜む驚くべき断絶に気づく。それは何故生じているのか?新資料を駆使し、旧説を覆しつつ、本書が解明するのは、"楽園"フィレンツェの覇権をめぐる、メディチ家の直系と傍系との政治的・文化的闘争である。

ボッティチェリ「プリマヴェーラ」―ヴィーナスの園としてのフィレンツェ (作品とコンテクスト)はこんな本です

ツイートする