大正文化 帝国のユートピア―世界史の転換期と大衆消費社会の形成

  • 20人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 竹村民郎
  • 三元社 (2004年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (291ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883031337

大正文化 帝国のユートピア―世界史の転換期と大衆消費社会の形成の感想・レビュー・書評

  • 一冊丸ごと大正時代。
    大衆文化を軸にしつつ政治史や思想史など多彩な分野を織り交ぜて、華やかさと危うさ漂う当時の雰囲気を描き出している。
    研究書ぽいですがそれほど敷居は高くないです。文化に重点を置いていながらも、本書は大正時代を総合的に学ぶに適している気がします。例えば「大正デモクラシー期」という区分に対する疑問は、政治史を考えるうえでも参考になります。

  • 2009/10/16読了
    論文みたいなものなので特に感想はなし。
    「廓清」と「からゆきさん」について興味が持てるようになったのでそれは成果だな。

全2件中 1 - 2件を表示

大正文化 帝国のユートピア―世界史の転換期と大衆消費社会の形成を本棚に「読みたい」で登録しているひと

大正文化 帝国のユートピア―世界史の転換期と大衆消費社会の形成を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大正文化 帝国のユートピア―世界史の転換期と大衆消費社会の形成を本棚に「積読」で登録しているひと

大正文化 帝国のユートピア―世界史の転換期と大衆消費社会の形成の作品紹介

近代日本初の大量消費社会の萌芽的形成、大衆文化の登場、デモクラシーと軍国主義の交錯する大正時代=帝国のユートピアを、政治・経済・文化・生活の領域にわたってあざやかに再現し、現代への連続・非連続性の位相をあきらかにする。

大正文化 帝国のユートピア―世界史の転換期と大衆消費社会の形成はこんな本です

大正文化 帝国のユートピア―世界史の転換期と大衆消費社会の形成の単行本

ツイートする