日本語学のまなざし (シリーズ「知のまなざし」)

  • 11人登録
  • 4.67評価
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 安田敏朗
  • 三元社 (2012年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784883033140

日本語学のまなざし (シリーズ「知のまなざし」)の感想・レビュー・書評

全1件中 1 - 1件を表示

日本語学のまなざし (シリーズ「知のまなざし」)を本棚に登録しているひと

日本語学のまなざし (シリーズ「知のまなざし」)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本語学のまなざし (シリーズ「知のまなざし」)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本語学のまなざし (シリーズ「知のまなざし」)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本語学のまなざし (シリーズ「知のまなざし」)を本棚に「積読」で登録しているひと

日本語学のまなざし (シリーズ「知のまなざし」)の作品紹介

なぜ、「ことば」へ過度の期待が持ちこまれるのか。なぜ、言語・民族・文化を不可分なものと、とらえてしまうのか。「日本言語学」のために。

日本語学のまなざし (シリーズ「知のまなざし」)はこんな本です

ツイートする